髪は本来、頭皮を保護するために存在しています。しかし近年ではおしゃれの一つとしてヘアスタイルも多様化しています。しかしその中で髪へのダメージが蓄積されているケースが多いです。ダメージが蓄積されると必然的に髪の毛に傷みが生じ、切れ毛や枝毛・抜け毛・毛が抜ける・細くなるといった様々な問題に直面します。おしゃれを楽しむためにもダメージが起こりやすいヘアスタイルを把握し、ケアに努めることが大切です。
まず多いケースとしてカラーリングが挙げられます。カラーリングを行うことで髪の内部にまで色素が沈着し、色の変性が起こります。髪は本来、キューティクルという表層組織が保護しているが、色素を通す際にキューティクルをはがすようにして染み込んでいきます。保護するための層をはがす為、必然的にダメージは起こりやすいです。そのあとのヘアケアである程度はきれいな状態に戻すことは可能ですが、カラーリングは一度行うとプリンになることを避けるため繰り返す行うことが多く、ケアよりもダメージの蓄積が勝ります。
次にあげられるのがパーマです。パーマを当てる際、専用の液体を髪表面に塗り、その上から過熱します。過熱する際にキューティクルに隙間が生じ、その隙間に液体が浸透することで型が完成します。しかし過熱することで髪にダメージが及ぶことと、深層にまで液体が浸透することでさらにダメージが及びます。きれいな髪を保つためには、ダメージを負った後のケアに加え、頻度調整も考える必要があります。ウェディング03

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。