マツエクに使用されている接着剤はオイルタイプのクレンジングに弱く、エクステが浮いてしまいすぐに取れてしまいます。
影響がなくエクステにも使用することができる、とされているものでも洗うときにゴシゴシこすってしまうと取れやすくなるためエクステをきれいな状態で長持ちさせるためにはオイルの入っていないものを使い、できるだけ刺激を与えないクレンジングテクニックが必要になります。
アイメイクは綿棒を使用して落とすと手で落とすよりも刺激がなく、細かい部分もきれいに落とすことができます。
オイルの入っていないリキッドタイプのクレンジングなどを綿棒に含ませてアイラインやマスカラをなでるようにして落とします。
オイルフリーのポイントメイク専用リムーバーをコットンに浸してまぶたにのせ、少し待ってから優しくふき取るのも簡単にできる方法ですが、コットンの繊維がエクステに絡んでしまうことがあるので慎重に行います。
まぶたやまつげを横にこするのではなく、縦に上から下に向かって引っ張らないようにふき取ります。
アイラインなどはウォータープルーフのものを使用すると落としにくいため、お湯で落ちるタイプのものを使用したほうがポイントメイク用クレンジングが必要ないのでエクステにかかる負担がすくなくなります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。