デスクワークをしている人は、運動不足になりがちです。
長時間同じ姿勢で仕事をしていると、血行が悪くなるため、慢性的な肩こりや足のむくみなどを引き起こしてしまいます。

肩こりやむくみを解消するためには軽い運動が必要ですが、なかなか時間が取れないというのが現実です。
しかし、運動不足の改善方法はそれほど難しくはありません。仕事の合間にちょっと心がけるだけで良いのです。

まず、1時間に1度は休憩しましょう。
5分から10分で構いませんので、フロア内を歩いたり、外の空気を吸いに出かけましょう。
もし、休憩が取りづらい場合は、トイレに席を立つだけでも良いですし、外出できない場合は、トイレの個室でストレッチをするだけでも効果があります。軽いウォーキングやストレッチをすれば、血の巡りが良くなりますので、肩こりやむくみが起こりにくくなります。

ただ、仕事をしていると、なかなか休憩を入れるのは難しいものです。
気がつくと1時間があっという間に経過していますし、切りが悪いとなかなか休むこともできないでしょう。

そんな方は、携帯電話やパソコンのタイマー機能を使ってみてはいかがでしょうか。
タイマーを設定しておけば、休みを入れるきっかけになります。
アラームが鳴ったら、少し無理をしてでも休みましょう。
座りっぱなしだった体を起こして軽く歩くだけでも、だいぶ違います。

また、ランチのタイミングで外に出るというのも一つの方法です。
こうした心がけをすることで、運動不足はきっと解消されるはずです。花06

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。