髪はほぼ全ての人間に生えており、薄くなりたくないという方がほとんどです。それを守るにあたり、構造や育ち方を知ることで薄毛の予防にもなります。特徴として外側からキューティクル・コルテックス・メデュラという三層構造になっております。これらの構造を保つには毛母細胞分裂を促す必要があり、それにはしっかりと栄養成分を毛乳頭に届ける必要があります。毛乳頭には頭皮の深層にあり、末梢神経・リンパ管・毛細血管等と連絡して栄養供給を受けています。また毛乳頭細胞は毛母細胞と合わせて成長する必要があります。片方だけでは十分に髪に働きかけることは出来ません。
次に毛根を支える組織として、毛根鞘(内毛根鞘細胞・外毛根鞘細胞)という細胞があり、以上の五つの細胞で髪の毛は作られています。内毛根鞘細胞は内側から毛をグリップし、外毛根鞘細胞は外側から毛根をグリップしています。このバランスが取れることで毛根は抜けにくくなります。また毛根鞘は髪を根元から支えるだけでなく、髪の仕組み全てを司る幹細胞の住まいとしての重要な役割もあります。これらの細胞全てを健康状態に保つには、日々の生活習慣や食生活を見直す必要があります。また体質的に頭皮が硬いかななどは血流不全が生じ、栄養が届きにくいケースもあるため、加えて頭皮マッサージを行うことも大切です。観葉植物04

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。