プレゼント01

正しい洗顔方法のコツは、使用する洗顔料をよく泡立てることです。洗顔ソープや洗顔フォームは、そのままで肌につけてはいけません。手のひらで泡立てるのが大変であれば、泡立てネットを使いましょう。洗浄成分は意外と皮膚には強力なことがありますから、適量を使うことも必要です。水分を加えてよく泡立てることです。しかし1番最初にするのは泡立ではなく、両手を洗うことです。

皮膚の表面をこするように洗うと、負担になってしまうのでコンディションを乱すことになります。最初にぬるま湯で軽くすすいでから、よく泡を泡立てて、その泡を使って洗うことです。皮脂分泌が多いTゾーンを洗い、Uゾーンや頬をあらいます。口の周りと目の周りは、とても皮膚が薄いために最後にあらいます。ゴシゴシと力を入れるのは摩擦になりますから、くるくると円を描くようなイメージを持って、マッサージするような洗い方が優しいです。

すすぎは全体にして、洗い残しがないようにします。額などの髪の毛の生え際は、洗浄成分が残りやすいですから、生え際までよくすすぎ洗いをします。バシャバシャと強く水分を与えないで、優しくなでるようにすすぎ洗いをします。温度は熱すぎないように、ぬるま湯を使って洗い流しましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。