半身浴は自宅で誰でも行える簡易な美容・ダイエット方法と言われ、常に注目を集めています。しかし多くの方は誤った方法で行ってしまい、十分な効果を得ることが出来ていまいということが多いです。また誤った方法を行うことでかえって身体に負担をかけてしまうということも多いです。そのため正しい方法にて行い、十分な効果を得ることが重要となります。
半身浴の正しい方法として、湯船につかる前(理想は30分前後)に水分を補給しておくことです。半身浴中は汗で水分不足になりやすいため、脱水を予防する上でも重要です。また事前に軽い運動やストレッチを行い身体を温めておくことでより効果を得られやすくなります。次に湯船の温度は38~40度が理想とされます。湯船につかる時はへそより少し上くらいまでつかるようにします。上半身や腕にお湯がかかると、かかったお湯が冷める時に体温も下がってしまい、結果的に効果が減少することもあります。そのため、極力上半身や腕にはお湯がかからないようにし、かかった時はタオルなどでふき取るようにしましょう。予めタオルをかけておくことで保温効果が得られ、より汗を出すことが可能となります。半身浴の時間は20分~30分程度とします。長く浸かり過ぎると身体への負担もかかるため、注意が\必要です。花01

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。