ニキビや吹き出物、肌荒れなど肌トラブルに悩む人は、思い切って逆転メイクを試してみることができるでしょう。逆転メイクとは、スキンケアを終えた時点で赤色の口紅やグロスを唇につけることです。こうすることによって顔全体の血色が明るくなります。そのためベースメイクの厚塗りという問題を防ぐことができます。特に肌トラブルの問題を抱えていると、つい厚塗りしたくなってしまいます。しかしこれでは逆効果です。厚塗りした顔は老けた印象を与えますし、メイクから時間が経つとしわになってしまうこともあるからです。その点、厚塗りを避ければより透明感のある肌になり、若々しいという印象を与えることができます。もちろん、ニキビや吹き出物、肌荒れといった肌トラブルがある場合、その部分を何とか隠そうと厚く塗りたくなるものです。しかしファンデーションでは隠しきれるものではありません。そこで逆転メイクで赤色の口紅を使用するなら、かなり存在感のある唇を作り上げることができます。このように唇を目立たせるようにするなら、人の目は自然とそちらに向くものです。結果として、肌トラブルがあってもそちらには目がいかなくなります。赤色の口紅に加えて、グロスも使ってつややかにするなら、なお一層存在感のある唇が出来上がります。ウェディング11

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。