ずばり結論から。髪はほぼタンパク質です。材料となる栄養素を食べ物から摂取しなければなりません。
髪のみならず、人体にタンパク質は不可欠です。特に髪と同様、肌や爪などには摂取不足の影響が出やすいとされています。
あまり知られていませんが、お肉やお魚などの動物性の食べ物だけではなく、植物からもタンパク質を摂取することは可能です。しかし、吸収しやすさで考えた場合、人体により近い動物からのタンパク摂取のほうが吸収率が高いのです。
もし植物からの摂取を考えた場合、まずは豆類をおすすめします。あとは青菜などの色の濃い葉物野菜、それ海藻類に多く含まれていることが言われてます。よく、「わかめを食べると髪の毛が黒くなる、良い毛が生える」といわれるのは、まだ肉食文化が発達する前の日本で、そのタンパク質の効果に期待したものだったと思われます。
豆類の中では大豆が特に優秀で、加工することでさらにその吸収率を上げることが可能です。
大豆の加工食品と言えば。
豆乳や豆腐、おから、油揚げ。中でも最上級といえるのは納豆です。食糧難を救うのは大豆、それも納豆だといえるほどの優秀な食品なのです。
髪に良い、良質のタンパク質を求めた場合、お肉やお魚のほかにも選択肢があることを覚えておいて損はありません。006241

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。