オメガ3脂肪酸を効率よく摂取するためには、食事が重要です。EPAやDHAをたっぷり撮りたい場合には、青魚を中心としたメニューを心がけることになります。イワシや鯖、シャケ、マグロなどを意識的に食べるようにします。調理する際も効率よく摂取するためになるべく魚油の流出を抑える工夫をします。煮魚の場合は、調理する際に水を少なめにしたり、味付けを薄塩にして汁まですべて飲めるようにします。焼き魚の場合は、そのまま焼くのではなく、魚の表面を小麦粉などをまぶしてから焼くほうが油を多く残すことができます。ただし、ショートニング入りのパン粉は避けるようにします。
また、エゴマ油や亜麻仁油もオメガ3脂肪酸を多く含んでいます。エゴマから採れるエゴマ油は、特別な強い味や匂いがあるわけではないため、調理の際に利用することができます。青魚が苦手な人でも食べやすい食材です。調理の油として以外にもドレッシングを作る際に使うことで効率よく摂取することができます。
ほかにも、くるみなどのナッツ類にも含まれています。青魚以外のオメガ3脂肪酸を含む食品を一緒に摂取することによって1日に摂取することが推奨されている量を補うことができます。a0002_005125

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。