脂肪は、動物性、植物性、魚の油分の大きく3つに分類されます。動物性脂肪(飽和脂肪酸)はバaf0060019988mターやラードなどで、これは摂りすぎに注意が必要です。植物性脂肪(不飽和脂肪酸)はさらに、次の3つに分類されています。
①オメガ3脂肪酸(アマニ油、紫蘇油、ココナッツオイルなど。)
②オメガ6脂肪酸(コーン油、なたね油、ひまわり油など。)
③オメガ9脂肪酸(オリーブ油、キャノーラ油など。)
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、私たちの体をつくるために重要な要素なのですが、体内で合成できないため食物から摂取するしかありません。この脂肪の理想的な摂取比率は、「オメガ3:オメガ6」=「1:4」といわれていますが、現代の食生活ではオメガ6脂肪酸が過剰に摂取されている状態です。近年患者が増加している、アトピーや花粉症などは、オメガ6脂肪酸の過剰摂取が関係しているといわれています。これに反して、オメガ3脂肪酸の効能として、アトピーの抑制や、うつ・認知症予防、がん予防などがあげられています。特に今注目されているのが、オメガ3脂肪酸に分類されるココナッツオイルです。ココナッツオイルは、食用にしても良し、スキンケアに使用しても良しの万能油といわれています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。