オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一つでアルファリノレン酸やEPA、DHAなどの総称です。
アルファリノレン酸は体に入るとEPAからDHAへと変化します。
オメガ3脂肪酸は血中の中性脂肪やコレステロールを減少させてくれる働きがあり、血液をサラサラにして血流を良くするため代謝をアップさせる効果があり体内の脂肪を燃焼させエネルギーに変えて排出することができるのでダイエット効果があるとされています。
オイルなのでカロリーが高くダイエットには向いていないように思えますが、優先して消費されやすいので取りすぎても体に蓄積しにくく体内の脂肪を燃焼しやするため、普段のオイルに変えて摂取すると太る原因となる飽和脂肪酸の摂取を控えることができ痩せやすい体質に変えることができます。
オメガ3脂肪酸は体内では生成できないため、積極的に食事からとる必要があり青魚やエゴマ油、アマニ油、クルミなどから摂取することができます。
オメガ3脂肪酸は酸化しやすく、酸化すると中性脂肪を減少させる効果が低下し加熱調理すると減少してしまうため熱を加えずに使用するほうが効果が得られるので、サラダなどのドレッシングなど食べる直前に利用するのが一般的です。a0002_005111

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。