オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにして、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防するために必要です。効果は経験的に分かっていたものですが、最近の研究によって詳細な解明が進みました。日本人は魚が大好きなために、昔であれば不足する心配も少ないものでした。ところが最近では、食の欧米化の影響で高脂肪で高タンパクな肉類を食べて肥満の症状を悪化させる原因となっています。

オメガ3脂肪酸のDHAやEPAは青魚の油に多く含まれていますが、肉の脂肪分とは性質が全く違います。動物性の脂肪は冷たくなると固まりますが、DHAなどの不飽和脂肪酸はサラサラのままです。冷たくても固まらないおかげで、極めて良質な油であることが分かります。サンマやイワシなどの青魚は、カロリーを過度に気にしないで食べたほうがオメガ3脂肪酸の摂取量が大幅に増えます。

オメガ3脂肪酸の情報で注目されることには、植物の紫蘇やエゴマにも含まれることが分かった事実があります。エゴマ油の人気は急上昇し、魚嫌いの人を救う商品となりました。実際には魚も食べたほうが理想ですが、骨が多いなどの理由で苦手な場合もあります。エゴマ油であれば摂取が簡単で、生臭みも全くないのが利点でもあります。a0002_002040

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。