セルライトは脂肪細胞・組織が変性して発生し、結果的に肌に凹凸が出来ます。それは見た目としても肌触りとしても印象は悪く、特に女性にとっては重大な悩みとなりやすいです。セルライトが出来てしまう仕組みの一つに体内の循環不良があります。循環不良は筋肉や血行などによって引き起こされます。まず筋肉に関して、体内の血液が循環する一つに筋収縮が大きく関与します。筋収縮時のエネルギーを利用し、血液は循環しています。しかし筋肉が硬くなったりやせ細ることで、必要な筋収縮が正常に行われなければ必然的に血液循環にも出てしまい、循環不良を引き起こします。次に血液に関して、血液は筋肉を使わなくても、本来備わっている血管のポンプ作用によって全身を循環することは可能です。そのポンプ作用が何らかの理由で障害を受け、正常に働かなくなると体内循環が阻害されてしまいます。また血管の近くにはリンパ管という老廃物を流すパイプ管のような組織が存在しています。リンパ管にはポンプ作用がないため、筋肉の収縮や血管のポンプ作用を利用して循環し、老廃物を排出しています。しかし循環障害g生じることで老廃物が蓄積してしまいます。その老廃物が原因となって脂肪細胞に影響を及ぼし、組織の変形を引き起こしてセルライトが完成してしまいます。観葉植物01

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。