譜面01

専門機関で脱毛する方法として、エステ脱毛とレーザー脱毛があります。レーザー脱毛は医療機関でのみ扱われる方法です。レーザー脱毛のほうが毛母細胞や毛乳頭を破壊する力が強く、効果が高いですが、エステ脱毛も黒い色素に反応する光を照射して、毛母細胞などにダメージを与えるという仕組みは似ています。

脱毛後は、照射による熱を冷やすために冷却し、乾燥肌にならないようにしっかりと保湿ケアがほどこされます。自宅でも、肌トラブルが起こらないよう、十分な保湿を行う必要があります。熱反応が強く、肌が赤っぽくなる症状になることがあります。1日程度で治る場合が多いですが、1週間以上経ってもなかなかひかない場合は、すぐに医療機関を受診する必要があります。

そのほかの注意点として、施術する際に日焼けした肌は断られる場合があります。黒い色素に反応する光やレーザーのため、やけどをしてしまう危険が伴うからです。色白肌のほうが脱毛効果が上がります。脱毛後も日焼けに注意しないと、色素沈着やシミの原因になることがあり、注意が必要です。また、脱毛中はかみそりでの自己処理は可能ですが、毛抜きでの処理は避けます。毛根がなくなってしまうと、次に光やレーザーを照射する際に効果が得られないからです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。