マグネシウムの働きとして、カルシウムとともに骨や歯を形成するために必要なミネラルです。他にも筋肉の収縮を助ける働きや血管の正常な機能の維持にも働きかけます。また抗ストレス作用もあり、ストレス社会と言われる現代において注目を集めています。
マグネシウムは過剰摂取することで起こる副作用は特になく、下痢や軟便程度といわれます。また多すぎる分は便とともに排出されます。しかし不足すると神経疾患・精神疾患・不整脈・骨粗しょう症・筋肉の収縮以上など他にもさまざまな症状を引き起こす可能性があるため、しっかりと摂らないと健康を損なうリスクがあります。
マグネシウムは食物からも摂ることが可能ですが、不規則な食生活を送っていると不十分となることもあります。マグネシウムを摂るにあたり、多く含む食材として大豆や玄米・黒ゴマ・煮干し・ヒジキなど他にも数多くの食材に含まれています。そのため、日々の食事の中に取り入れて自然に摂取することも可能です。また食事以外にもサプリメントで摂取するという方法もありますが、一番は日々の自然な食事の中で取り入れることが理想とされます。そのため、マグネシウムを置く含む食事をチェックし、日々の食事に取り入れることを心がけることが健康への一歩となります。和室

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。