時折テレビや雑誌で見かけるローフードというキーワードにぴんときている人も多いのではないでしょうか。もっと健康に、美容に気を使おうと考えている女性たちに特に注目されています。

ローは生、そしてフードは文字通り食べ物です。果物や野菜など加熱していないものを中心に食べる事で、食物の酵素や栄養素を壊すことなく体内に取り入れることが出来るのが特徴となります。もちろん完全非加熱という食べ方は難しいですから、場合によっては食材を加熱し過ぎない程度に温めて食べる事はあります。

ポピュラーなローフードとしては、果物や野菜が中心で、スプラウトや発酵食品、海藻類、ナッツ類などをよく使います。ナッツ類には種子も含まれますが、これを食べる場合には水に浸してから食べるようにしましょう。生の肉や魚などもローフードで食べる事もあるかもしれませんが、寄生虫や食中毒には気をつける必要があります。

ローフードを食べる事で体内の消化をしやすくして、代謝にエネルギーを使えるようになりますので、ダイエットや美容などにも効果があると言われています。ただし、計画を立てて栄養を取らないとカルシウムなどのミネラルやタンパク質等が不足する可能性もありますので、実践の際には使う食材をよく選んでいきましょう。a0015_000012

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。