一般的に、日本人の髪の毛は黒髪のストレートヘアというイメージが強いですが、実は約8割の人が、髪の毛に何らかのクセがあります。しかも、近年は食生活の変化などの影響もあり、以前に比べてよりくせ毛の人が増えています。クセ毛と直毛の違いは、単に見た目の問題だけではありません。髪にクセを持つ人の場合は、ストレートヘアの人と比べて、髪の毛が乾燥しやすい、という特徴があります。これは、髪の毛の主成分である水分とたんぱく質が、直毛の人の場合は髪の毛全体に均等に配分されているのに対し、クセ毛の人の場合は、いびつに配合されている、という違いがあるためです。こうした髪質の違いにより、クセ毛の人の場合は、クセによって髪の毛にボリュームが出やすいうえに、乾燥しやすいためにより一層髪の毛が広がりやすくなります。ですから、クセ毛の人は、自分の髪質に合ったヘアケア剤を適切に使うことが、髪の毛を美しく保つためにはとても重要なポイントとなります。特に、髪の内部に水分を保つ効果の高いヘアケア製品を使えば、髪がまとまりやすくなるので、毎朝のスタイリングがかなり楽になります。髪質の違いを考慮した適切なケアが、美髪への第一歩だと言えるでしょう。ウェディング01

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。