夏のメイクというと、清涼感のあるブルー系のアイシャドーや、爽やかなオレンジ系のチークを使用するという人が多いでしょう。また、夏はスッキリと見えるヌーディーカラーのリップを選ぶという人が多いかもしれませんが、そのような色のリップよりも赤リップを使うのがオススメです。赤リップは海外セレブや女優なども愛用しており、口元に赤を加えることでさまざまな美容効果が期待できるということです。赤リップは派手な感じがして苦手だという印象を持っている人もいるかもしれません。しかし、一口に赤といってもさまざまな色味のものがあるため、好みに合わせて選んでいくことができます。真っ赤なリップは抵抗があるという場合、黄みが少なく彩度があまり高くないものや、透明感のあるタイプのものを選ぶと良いでしょう。そのような色のリップなら普段ナチュラルメイクをしている人でも手軽に取り入れることができますし、上品な雰囲気を演出することができます。赤というカラーに躊躇っていた人でも、取り入れることで印象を変えることができますし、普段のメイクに意外と馴染みやすいことに驚くでしょう。ちなみに、口元に赤を使うと黒目がハッキリと強調されるというメリットがあります。ウェディング10

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。