シャンプーは、髪の毛や頭皮とって悪い影響を及ぼす成分が含まれている事が少なくありません。何も知らないでそのような銘柄のものを使い続けていると抜け毛や薄毛になったり、はたまた頭皮に炎症が発生してしまう場合があります。だからと言って逆に何が危険ではないのかということもわからないので変えるに変えられません。そこでなるべく避けられるなら避けたい成分を紹介します。まず危険の代名詞と呼ばれるのはラウレス硫酸ナトリウムとラウリル硫酸ナトリウムです。これらを配合すると泡立ちが良く、洗浄力が高くなるので様々なシャンプーに配合されています。少ない量ですぐに泡立つ安い銘柄には間違いなくこれらの成分が配合されていることでしょう。他にも危険と思われるものがあります。シリコンという髪の毛のコーティング剤がそれに該当するのですが要注意です。表記上ほとんどこの名称で記されていることはまずないと思ってよいでしょう。実際には、シロキサン、ヒートケラチン、ジメチコン、シリル化ケラチンと記されています。他にもシャンプーには危険なものがたくさん配合されているのですが、代表的なものがこれら3つなのです。安いのにすぐに泡立てたり、サラサラにしたりすることを重視するためにこのような成分を使ってしまうのです。これを機会に銘柄を見直してみてはいかがでしょうか。葉01

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。