むくみは、静脈が詰まったり、リンパ液がスムーズに流れないことで、血液の液体成分である血しょう成分が血液に戻らず、不要な水分として細胞と細胞の間に溜まってしまうことで発症するものです。血行不良や筋力低下などが発生する原因ですが、特に、重力に逆らうようにして下肢の血液を心臓に戻している足は、これが発生しやすい場所です。これは、足のふくらはぎには、血液を心臓に向かって押し戻す役割を果たしている静脈の弁があるのですが、立ちっぱなし、座りっぱなし、また運動不足などによってふくらはぎの筋力が低下すると、この弁の機能も低下しやすくなるためです。そしてこの静脈の弁の機能が壊れてしまうと発生するのが、静脈瘤と呼ばれる病気です。ですから、静脈瘤の前症状としてむくみが発生することはとても多いですし、またその状態を放置しておくと、静脈弁の機能の低下が進行してしまい、静脈瘤が発症することもあります。またそれ以外にも、ふくらはぎあたりにぼこぼことした、血管の浮き上がりが目立つような症状も出てくるのが特徴です。静脈瘤の内、深部に血栓ができてしまう二次性静脈瘤は、その血栓が肺に達したり、別の血管を詰まらせたりすることもあるため、とても恐ろしい症状です。ですから、むくみが一向に良くならない場合や、ふくらはぎの血管の浮き上がりが気になる場合は、医療機関に相談することをおすすめします。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。