血色が悪いと、メイクをしても馴染みが悪く、メイクだけが浮いたような仕上がりになってしまいます。また透明感にも欠け、自然な艶感にも欠けてしまいます。ですがこれは、メイク前のひと手間でアップさせることができます。まずは蒸しタオルを使用した方法です。フェイスタオルを水に濡らし、適度に絞った後、おしぼりのように丸めた状態で電子レンジで1分前後、加熱します。後はこれを広げて、顔に乗せれば血色をアップさせることができます。メイク前に行うのは勿論のこと、洗顔の前にこれを行うと、肌が柔らかくななることでより汚れが落ちやすくなります。時間は少々かかりますが、非常に効果が高い方法です。また化粧水などをつける掌を温めておくのも、重要なポイントです。それから、血色が良く見えるような色を使用してメイクを行うのもひとつの方法です。この際、大活躍するのが赤リップです。とは言っても、くっきり、しっかりと唇に塗ってしまうと、健康的と言うよりも少し派手な、そして近寄りがたいような印象が強くなってしまいます。コンシーラーかファンデーションなどで唇のくすみを消したうえで、塗ると言うよりは乗せていくイメージで唇に赤リップの色をつけていき、とんとんと指で優しくなじませるようにしていくと、内側から滲み出るような健康的、かつセクシーな仕上がりになります。勿論、しっかりと赤リップを塗って、強い印象を演出したいと言う使い方もNGではありません。ただその場合も、仕上げにティッシュオフをしておくと自然な仕上がりになります。ウェディング05

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。