シャンプーは商品の種類も多く、それに伴い含まれている成分も様々です。その価格も商品によって異なり、数百円から数千年と幅広いです。またシャンプーは髪をきれいな状態に保つうえでも重要な役割を果たすため出来るだけ上質の物を使う方が良いです。一般的な良い商品の特徴として、界面活性剤やシリコン・オイルが含まれておらず、アミノ酸を多く含むものとされています。まず界面活性剤に関して、この成分は皮脂を除去する強い力をもっています。そのため必要以上に皮脂を除去し、結果的に頭皮トラブルにつながります。次にシリコン・オイルに関して、この二つは髪の表面をコーティングする働きがあり、紫外線や熱・外力から保護することが可能となります。しかしその反面、二つとも分類として油とされてしまうため、シャンプーの泡立ちを阻害してしまいます。その結果、泡立ちの不十分さを補うために洗浄力が強くなり頭皮トラブルに繋がります。
それに対しアミノ酸系は天然成分を含むため、ダメージも少なく良心的です。実際に使った後の違いとして、良くない方のシャンプー(界面活性剤・シリコン・オイル)は頭皮がさっぱりしすぎていたり髪がつやつやしていることが多いです。アミノ酸系のシャンプーはさっぱり感には欠けますが、つやつや感はなく自然な状態に近いです。葉03

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。