シャンプーは髪の汚れを取るうえで誰もが行う行為であり、その種類も様々にあります。しかし中には髪へ悪影響を及ぼしやすい成分を含むものも存在し、結果的に頭皮へのストレスや抜け毛・薄毛などにも繋がりかねません。そのためどんなシャンプーが良いのか、その選び方を知っておく必要があります。
知っておきたい点として、どんな成分が含まれているかです。市販のもので多いのが、高級アルコール系と石鹸系のタイプです。高級アルコール系はその成分内に洗浄力の強い界面活性剤が含まれていることが多いです。シャンプーは頭皮の汚れを落とすため洗浄力は欠かせませんが、それが強すぎると皮脂を取りすぎてしまいます。その結果、頭皮へのストレスや炎症に加えて皮脂の過剰分泌が生じて毛穴詰まりを引き起こしかねません。次に石鹸系のタイプは、頭皮への刺激・ストレスは比較的少ないです。しかし育毛を意識していない製品が多く、洗浄力が強すぎるため悪影響を及ぼしやすいです。
おすすめのタイプとして、サロンでも使われているアミノ酸系です。このタイプでは天然成分を主成分とするため、洗浄力はやや弱めですが、頭皮や髪にも低刺激であり、保湿性が高いため乾燥対策にもなります。髪は一生の付き合いとなるため、将来のためにも良いシャンプーを使うことが大切です。桜01

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。