シャンプーは髪を洗う上で必須となり、どのシャンプーを使うかで髪の状態にも大きく関わってきます。シャンプーにはいくつかの種類があり、大きく分けるとシリコン入りシャンプー・ノンシリコンシャンプーに分かれます。一般的なシャンプーのシリコンシャンプーとはその名の通り、成分にシリコンが入っているものです。シリコンが入ることで髪の表面をコーティングすることが可能となり、紫外線や熱等からのダメージを軽減します。ノンシリコンシャンプーにはシリコンは含まれないため、その代わりにオイルが入っていることがあります。オイルにもシリコン同様に表面のコーティング作用があるためダメージからの保護が可能となります。大きな違いとしてはシリコンは毛穴に詰まりやすいことと、シリコンに比べてオイルの方が髪をサラサラにする効果が高いという点です。
しかし共通して存在するデメリットとして、泡立ちを阻害してしまうという点です。水と油は混じらないようにどちらも含まれていると泡立ちにくくなります。それを補うために洗浄力が強くなっているものが多いです。洗浄料が強いとそれだけ必要以上の皮脂を取ってしまったり、頭皮へのストレスを与えてしまいます。そのため、もっともよいシャンプーとしてノンシリコン・ノンオイルシャンプーと言えます。桜02

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。