足のむくみは、血液中の水分が血管やリンパ管の外に染み出して、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。足にむくみがあると、パンツや靴を履くときに足がふくれた感じがして、とても窮屈な思いをします。むくみの原因は、長時間の立ち仕事や、デスクワーク、同じ姿勢で運動をしない場合に全身の血行が悪くなることで起こります。また運動不足や睡眠不足など、生活環境によるストレスで影響することもあります。心臓から遠い足は重力に逆らって血液を運ぶ必要があるため、ポンプの役割を果たす足の筋肉が重要となります。そのため足をきつく締め付けるような靴や、ヒールの高い靴を履き続けると、足の筋肉が疲労してポンプの役割を果たさなくなり、血流が悪くなってむくみを起こすことになります。この状態を放置すると、下半身から上半身へと血液が戻らなくなり、老廃物を抱えた血液が留まることで、下肢静脈瘤という症状が起こります。この症状は慢性的なだるさ、鈍痛、かゆみや足がつるといった状態が起こり、さらに放置すると血管から血液が染みだし皮膚が黒ずんだり硬くなったりして、潰瘍になることもあります。さらに血液の循環が上手くいかず、本来なら心臓へと届く血液が届かないために、階段を上るとすぐに息切れや動悸などの症状も現れます。その他にも血液中に含まれるアルブミンが停滞することで、通常ならば栄養素の運搬や体液の濃度を調節機能が低下するため、腎臓や肝臓の機能障害や全身に何かしらの障害が起こる可能性があります。そのため普段からむくみを解消するマッサージなどを行い、違和感を感じた場合は医師に相談するようにしましょう。花03

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。