冷え性は誰にでも起こり得る症状で、その多くに末端冷え性を訴える方が多いです。しかしそれは生活習慣を見直すことで改善可能なケースが多いです。
その原因の一つに血行不良があります。血液は心臓が収縮して全身に押し出されており、血液の流れが悪い方は末端にまで血流が届かないことが多いです。また血行不良の要因の一つに筋肉が挙げられます。筋肉は収縮すると血液を全身へ送るポンプのような働きも果たすため、筋肉の収縮が正常に行われなかったり、筋肉量自体が少ない・筋肉の動きが少ないといった場合には血行不良に陥りやすいです。また人体構造上、男性に比べて女性は筋肉が小さい傾向があるため女性の方が冷え性になりやすいです。
その予防として、適時手足を動かすことです。動かす方法は非常に簡単で、他紙の力を抜いて手首・足首をぶらぶらと振ります。他にも指の曲げ伸ばしなども効果的です。末端を動かすことで組織の運動がおこり、循環の改善が見込めます。その結果、血流が改善し、予防になります。
また食事の面からも予防は可能です。血行を促進する食べ物として、ニンジンやゴボウ・玉ねぎ・カボチャなどがあります。特に火を通し、温めた状態で食べることで体温を高めやすく効果が得られやすいです。それに対し、冷えを引きお香食べ物はトマト・きゅうり・バナナ・コーヒーなどが挙げられます。身近なところから冷えは防ぐことが出来るため、日々の生活を見直すことが重要です。花07

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。