ダイエットや健康のためにグリーンスムージーを作と言うときに悩むのが作るための機械です。ミキサー、ジューサー、ブレンダーという種類が上げられます。
ミキサーとブレンダーは基本的に同じ物です。容器の底に刃がついており、それ果物や野菜を細かく切り刻んで撹拌し、水や牛乳などの水分を加えることでジュースを作ることができます。食材を丸ごと食べることができるため、食物繊維をとることができ、ボリュームがある飲み物が飲めて残りかすが出ないため手入れが楽です。最近ではフードプロセッサーと同じ機能があったり、加熱できるタイプも販売されていますが、水分を足さないとジュースにならない、飲みやすいジュースは作りにくく機械自体が大きいというデメリットがあります。
ジューサーは、野菜や果物などを細かく砕いて細胞壁を壊して濾して水分だけを絞り出す物です。水分の少ない食材でもジュースにすることができ、食材の水分だけなので100%のものができ、飲みやすいさらっとしたジュースが作れます。しかし、残りかすが内部に残るため手入れが面倒で、食材の身を濾すため食物繊維が減ってしまいます。
おすすめの選び方としては、大きさや安全性、食材の出し入れがしやすいかなどをチェックしてから決めることが良いとされています。a0002_000036

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。