グリーンスムージーを飲み続けていると、好転反応が起こることがあります。好転反応とは身体が健康になるために、一時的に起こる作用だと言われています。現代人はストレスや不規則な生活などで体内に老廃物の排出が上手くいかず体内に残っていたり、活性酸素がたくさん発生しています。好転反応はそれらを体外に排出するデトックス作用です。症状が出る場所はその人の身体の中の弱い部分だと言われていて、多く見られるのは下痢や頭痛、眠気や吐き気、吹き出物などがあり、その人のもともとの身体の状態によって変わってくると言われています。また、好転反応が全く見られない人もいて、個人差がとても大きなものになります。それらの症状は一時的なもので、短い人で数日、長い人でも2週間ほどだと言われています。好転反応が出ている期間は、グリーンスムージーを飲む回数を減らしたり、水で薄めるなどの対策をとると自然と収まってくる人が多いですが、それでも症状が軽減されない場合は、グリーンスムージーを飲むのを中止することも重要です。
あまりにも症状が酷かったり、期間が長い時には、他の原因が隠れている可能性があります。無理をせずに病院で診察を受けるようにしましょう。kaigo01_m

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。