スムージーは凍らせた野菜や果物を水と一緒にミキサーにかけて飲むものです。野菜や果物を固形のまま摂取するよりも、飲み物にすることで量を沢山、効率的に摂取することができます。スムージーはお好みの野菜や果物を使って、オリジナルのものを簡単に作れるのが魅力です。スムージーの中でもグリーンスムージーが女性を中心に人気を集めています。グリーンスムージーは緑の葉野菜を中心にして作ります。生の野菜や果物を使うので体内に生きた酵素を取り込むことができ、野菜や果物が本来持っているビタミンやミネラルなどを壊すことなくそのまま取り入れることができるので、免疫力を高めたり、食物繊維を多く摂取できるので便秘解消や腸内環境の改善に役立ちます。便通を良くすることで新陳代謝が良くなり、美肌効果も期待できます。グリーンスムージーを作るときに使われる葉野菜はほうれん草や小松菜が一般的です。ほうれん草や小松菜は料理として食べるときはゆでるなどして熱を通すことで本来持っているビタミンや葉酸などが減ってしまいますが、スムージーの場合はそのものを使うので、全ても栄養分を摂取することができます。葉野菜だけでは苦味や青臭さが残ってしまうので、バナナやりんご、レモン、いちご、ベリー類などもおすすめです。果物を加えることでビタミンを摂取できるだけでなく、甘くてまろやかになり飲みやすくなります。a0002_004006

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。