ピアノ02

美容外科やクリニックなどの医療機関での脱毛施術方法の主流となっているのは、レーザー脱毛です。レーザーをむだ毛処理したい部分に照射することで脱毛効果が得られます。その仕組みは、黒い色に反応するレーザーが、皮膚下にある毛が生えるもと、毛乳頭や毛母細胞を破壊するというものです。エステサロンなどでも光を照射して行う脱毛方法ですが、レーザー機器は医療機関でのみ取り扱える機器で、パワーの強さが異なります。レーザーの照射のほうがより効果が高いといわれています。

レーザーを照射する前は、皮膚の上に出ている毛は剃っておきます。照射の熱で毛が燃えてしまうことがあるからです。医療機関によっては、剃毛料金が含まれていたり、別料金になっていたりします。レーザー脱毛は痛みを強く感じる人がいますが、塗る麻酔薬などで対応してくれる場合があり、痛みを軽減することが可能です。処理後は肌トラブルが起こらないよう、冷却パックで冷やし、保湿力の高いローションなどで肌ケアします。レーザーの照射後は肌が敏感になっているので、しっかりと肌ケアすることが大切です。一般的に、レーザー脱毛後の肌ケアが含まれているプランとなっていることが多いです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。