プレゼント03石鹸や洗顔フォームを泡立てるのに便利なのが泡立てネットです。これを使うとあっという間にモコモコの泡が簡単にできますので、洗顔時間の時短にもなります。お肌のためには洗顔をするときにしっかり泡立てて、泡で優しく洗うのがよいと言われています。手でゴシゴシ擦っては肌に負担がかかってしまいますので、泡をしっかり立てるために泡立てネットを愛用している方も多いのではないでしょうか。しかし、この便利な泡立てネットは雑菌が潜んでいるかもしれません。お風呂で使った後、そのまま置いていたりすると、雑菌が繁殖しやすいので注意が必要です。便利なものも使った後はそのまま放置したりしがちですが、濡れたまま浴室に放置しておくと雑菌が繁殖してしまいます。そんなこととは知らずに使っていると、肌トラブルの原因になってしまいます。雑菌を繁殖させないためには、使用した後に水気を拭き取り、風通しの良い場所に吊るしておきましょう。濡れたままにしておかないことが大切です。置きっぱなしにしておくよりも、吊るしておいた方が乾燥しやすいです。また、時には外に干して太陽にあてるのもよいでしょう。このように、泡立てネットを清潔に保つためには保管方法に気をつけましょう。

プレゼント02皆さんはどんな洗顔料を使っていますか。潤いやしっとり感を売りにしている洗顔はたくさんあります。何を基準にして良いかわからなくて、いつも同じようなものを選んでしまうという人もいるでしょう。そこで今日は、自分に合った洗顔料の選び方を考えてみましょう。
まず、何よりも洗顔の目的は顔を洗うことです。つまり、汚れを落とせなくては意味がありません。潤いなどの言葉に惑わされてはいけません。潤いなら化粧水や乳液で、きちんと清潔になった肌に与えてあげればよいのですから。汚れがきれいに落ちなければ、その上から何を塗っても意味はありません。弱酸性やアルカリ性という表記は、重要そうですが意味はそこまでありません。水道水で流せば中性になってしまうからです。とくに、汚れを落とすという面では、この種類は弱すぎるとも言われています。もちろん、肌が傷むほどの刺激のある洗顔料は良くありません。何よりも、「自分にあった洗浄力」が必要なのです。
今まで表記されている言葉ばかり気にしていた人も、今一度言葉に騙されずに自分に合ったものを探してみましょう。自分に合わないものを使っていると肌は荒れていくばかりです。自分に合ったものを見つけてからが、美しくなる一歩だと思います。

プレゼント01

正しい洗顔方法のコツは、使用する洗顔料をよく泡立てることです。洗顔ソープや洗顔フォームは、そのままで肌につけてはいけません。手のひらで泡立てるのが大変であれば、泡立てネットを使いましょう。洗浄成分は意外と皮膚には強力なことがありますから、適量を使うことも必要です。水分を加えてよく泡立てることです。しかし1番最初にするのは泡立ではなく、両手を洗うことです。

皮膚の表面をこするように洗うと、負担になってしまうのでコンディションを乱すことになります。最初にぬるま湯で軽くすすいでから、よく泡を泡立てて、その泡を使って洗うことです。皮脂分泌が多いTゾーンを洗い、Uゾーンや頬をあらいます。口の周りと目の周りは、とても皮膚が薄いために最後にあらいます。ゴシゴシと力を入れるのは摩擦になりますから、くるくると円を描くようなイメージを持って、マッサージするような洗い方が優しいです。

すすぎは全体にして、洗い残しがないようにします。額などの髪の毛の生え際は、洗浄成分が残りやすいですから、生え際までよくすすぎ洗いをします。バシャバシャと強く水分を与えないで、優しくなでるようにすすぎ洗いをします。温度は熱すぎないように、ぬるま湯を使って洗い流しましょう。

–¼Ì–¢Ý’è-2

メイクをしたまま寝てしまうことは、働く忙しい女性には、ないとこではありません。一晩メイクをしたまま寝てしまうと、それは雑巾を顔にのせて過ごすのと同じですから、翌日の対処方法がポイントになります。自己毛野に落ちっている暇はなく、目覚めたら即座にリセットのスペシャルケアを開始しましょう。

朝が来て目が覚めたら、間髪入れずにメイクを落としましょう。とにかく汚れは毛穴に染み込んでいますから、その汚れを落とすことが何よりも先決です。目覚めた時に鏡に映るお肌は、か貼り老けこんだ印象で酢が、お手入れしだいで復活は可能です。

メイクをオフするには、ホットタオルを顔に乗せるか、もしくはホームケア用のスチーマーで毛穴を開かせましょう。毛穴には皮脂汚れや角質、メイクの油分の汚れ等が詰まってしまっています。毛穴を温めて広げてから、汚れを浮き上がらせることが必要です。汚れが浮いたら、クレンジングを丁寧にしましょう。そのあとでよく泡立てた洗顔フォームで、泡の弾力を使って、マッサージしながらダブル洗顔をします。

そのあとはスキンケアを、いつもより徹底して行います。化粧水や美容液は数回の重ねづけをして、フェイスパックでパーフェクトに水分と美容成分を入れ込みましょう。パックの上には、ラップをします。そのうえで、最後には美容クリームを塗布します。

テクノロジー09

ミネラルファンデーションのオフのポイントは、なるべく肌を刺激ないように落とすということです。洗顔料だけで落とせるタイプであれば、クレンジングは使わずに落としていきましょう。適切に落とすために、ポイントメイクも含めてクレンジングが必要かどうか把握しておきましょう。ポイントメイクがクレンジングを必要とするものであれば、その部分についてはクレンジングが必要になります。クレンジングも肌にダメージを与えますが、メイクが残るほうがダメージが大きいですから適切なコスメでオフしましょう。
クレンジングが必要なポイントメイクを落としたら、まずはぬるま湯で予洗いをしましょう。その際、手が汚れてしまったら手を先に石鹸で洗います。洗顔料を泡立て、皮脂の多いところから順に洗っていきます。泡で洗うイメージで優しく洗います。肌をごしごしこするのはいけません。泡を汚れになじませたら、しっかりとすすぎましょう。すすぎ残しがあるとトラブルの元になります。ぬるま湯でしっかりとすすぎ、汚れを残さないようにしましょう。洗い終わったら柔らかいタオルで優しく拭きます。
ミネラルファンデーションはすべてのものがクレンジング不要というわけではありません。クレンジングが要らないことを事前に確認しておくようにしましょう。

テクノロジー08敏感肌はもともとの体質を指す場合もありますが、健康的な肌を持っているにもかかわらず、乾燥などの様々な要因で刺激に弱くなっている状態を指す場合もあります。つまり間違ったメイク落としの方法を続けていると、誰もが敏感肌になりうるのです。安心なメイク落としには、メイクを残さないこと、乾燥を防ぐことが重要です。残ったメイクは黒ずみやニキビなどの原因になってしまいます。かといって、洗浄力の強いクレンジング剤を使うと、必要な油分まで奪い、乾燥の原因となります。クレンジング剤は様々な種類の中から、メイクの濃さによって選び分ける必要があるのです。目元や口元などのメイクが濃い場合は、ポイントメイク用のメイク落としを併用するのが理想です。逆にメイクが薄い場合は、ミルクタイプや泡タイプなどの洗浄力を抑えたものにしましょう。メイクを落とす時には、決して顔をこすってはいけません。摩擦は将来的なシミの原因になると共に、肌を傷つけてしまいます。必ず指先で優しくなでるようにゆっくりと動かしましょう。また、クレンジング剤によっては、その後に洗顔が必要な場合もあります。洗顔も決して顔をこすらないことはクレンジングと同じです。洗顔料を良く泡立て、泡を手と顔の間で優しく動かすイメージで洗顔します。メイク落としの際には熱いお湯ではなく、人肌程度のぬるま湯を使って乾燥を防ぎましょう。顔を拭く際にも、タオルをこすらず軽く押すようにして拭きます。そして、すぐに保湿することが不可欠です。こういった正しいメイク落としを続けると、敏感肌でも安心してメイクを楽しむことができるだけでなく、敏感肌の改善にもつながるのです。

テクノロジー07忙しい朝などポイントメイクは簡単で助かります。しかしアレルギーや敏感肌で乾燥が著しい時にも、毛穴に入り込むファンデーションは使えません。そんな時は、ノーファンデーションメイクが、有効な対処法です。
バリア機能が低下して水分が逃げて乾燥が進んでいるので、ファンデーションが皮脂と結合して悪化させます。通気性の良いファンデでも肌から水分を奪い、皮脂と混ざって毛穴に入り込みます。それにより洗顔にも負担がかかってしまいます。しっかり保湿したスキンケアだけで、角質の状態やバリア機能の回復をまつ事が一番です。
ノーファンデといっても一年中紫外線の刺激は、皮膚の深部まで酸化させてしまうので日焼け止めクリームや紫外線フリーのスキンケアで肌を守ります。テカリが気になる場合は、ベビーパウダーだけで充分です。あとはポイントメイクのアイメイクとリップで完了です。ベビーパウダーの色味で、ワントーン明るくなってポイントメイクが映えます。パウダーを選ぶ時も、自然成分由来のナチュラルなモノが負担がかかりません。
ポイントメイクも眉、アイシャドー、リップなどどれか一点に集中してメイクしましょう。ポイントがぶれずに一つに絞られるため、印象がより深くなる事もあります。

テクノロジー06

クレンジング剤と一口に言っても、オイル、ミルク、ジェルなど種類は様々です。その中でも比較的使いやすくお肌に良いとされているのはウォータータイプとクリームタイプです。オイルやミルクタイプは洗浄力が強いものが多く、かえって肌の状態を悪くしがちです。

また、界面活性剤が含まれていないものを選びましょう。界面活性剤とは、平たく言えば台所用洗剤などに含まれる洗浄成分です。大変強力なので、キッチンでお皿を洗っていると手先が荒れてしまう、といった経験をした事が一度は誰でもあるはずです。それと同様の事が顔でも起こると考えると分かりやすいでしょう。最近では界面活性剤フリーを謳っているクレンジング剤もよく見掛けるので、探すのに苦労はしません。

洗顔の基本でもありますが、肌の汚れやメイクをきっちり落としたいからといってクレンジング剤を大量につけてごしごし洗うのは逆効果です。撫でるようにそっと、しかし洗い残しが無いように落とします。特にTゾーンと首との境目、生え際などがクレンジングの残りやすい部分なので注意しましょう。汗をかきやすい夏場はつい何度も洗顔しがちですが、朝晩の2回で十分です。何事もやり過ぎは荒れる原因になるので程々を心掛けましょう。

テクノロジー05毎日行うクレンジング。メイクを落とすだけと思っていませんか。実はそれ以外にも重要な役割があるのです。
クレンジングの一番の目的はメイクを落とすことです。最近では24時間コスメなどと言って、一日中つけたままで大丈夫といういわゆるミネラルファンデーションが人気ですが、実はこういった類の化粧品でもクレンジングは必要なのです。というのはいくら化粧品が肌に優しいとは言っても、皮脂や汗は分泌されますし、ホコリなどの汚れの付着もあります。そんな状態でほうっておいたらどうなることか、容易に想像がつくでしょう。メイクしている状態だけでなく、すっぴんでも美しいのが本当の美肌ですから、クレンジングは絶対必要なのです。
クレンジングのポイントがメイクや汚れはしっかり落としても、必要な皮脂は残すことです。皮脂は汗と混ざって天然の保湿剤の役目を果たす重要な尊者だからです。そうは言ってもしっかりメイクの場合はある程度は皮脂も落とすことになってしまうという方、大丈夫です。必要であればまた皮脂は分泌されるものですから、その繋ぎとして美容液や乳液でしっかり保湿をすれば問題ありません。肌にとって潤いは最強の武器です。外部刺激から守って、内部の水分の蒸発を防げるからです。

テクノロジー04透明感のある素肌は、魅力的です。これあこがれの素肌を手に入れるスキンケアの最も大切なポイントは洗顔です。メイク落としから始まり、汚れを落としながら肌のバリア機能を守る事です。メイク落としや洗顔で落とすことはスキンケアの大部分を占めます。
スキンケアの基本は、汚れを落とし清潔にいつも良い状態に保って栄養補給する事です。このクレンジング、洗顔、ピーリングで皮膚のトラブルもおこす程です。汚れには油性と水性があって、油性の皮脂ですメイクにはクレンジング、水性の汗、ホコリには洗顔と二種類あります。また最近では古い角質層を取り除くピーリングも注目されています。これらの汚れを完全に毛穴レベルまで落とし、バリア機能を壊さないスキンケアコスメをチョイスしましょう。毛穴のつまりはトラブルの原因になりますが汚れが残っている皮膚は再生されません。汚れや皮脂、毛穴レベルまでたっぷりの泡で、やさしくていねいに浮き出してピカピカを保ってこそ、化粧水や美容液が染み込み交換をはじめとする発揮します。たっぷりの泡でメイクと皮脂などの汚れを落とすコスメの選択とても重要です。一度でメイク落としからピーリングまですべて完了するコスメも出回っています。スキンケアの基本の大切なコスメなので、それなりの価格は必要です。