オメガ3脂肪酸とは、不飽和脂肪酸のの分類の一つであり、いわしや鯖、まぐろなどの青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)のことを指します。

DHAは、脳や神経組織を正常に維持するのに大切な成分で、DHAを摂取すると脳が活性化され記憶などの伝達処理能力が高くなります。

EPAは、血液の流れを良くする効果があるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病などの病気予防に効果的です。

DPAは、EPAと似たような働きをしますが、血管にできた傷の修復作用はEPAよりも優れていて、悪玉コレステロールが血管の内側に付着して動脈硬化になるのを防ぐと言われています。

それ以外にも、オメガ3脂肪酸は精神状態を安定させる働きもするのでうつ病や認知症などの老化防止にも効果があるとされています。
また、もともと魚油というのは体脂肪を抑える働きと代謝をアップさせる働きもあるのでダイエットにも非常に効果的で、肌に潤いやハリを与えてくれるので美肌効果も期待できます。

そして、腸内環境も良くする効果もあることから肌荒れの原因となる便秘の解消にも役立ち、まさに美容や健康を維持するのに非常に効果のある成分といっても良いでしょう。a0002_002041

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。