塩分は健康を保つうえで重要な栄養素ですが、過剰に摂るとかえって身体に悪影響を及ぼすこともあります。また過剰摂取は美容の妨げにもなります。過剰に摂取することで体内にナトリウムが多く貯留することになります。それに伴い、体内の水分量を保つ電解質がバランスを崩してしまいます。その際、体内の水分バランスを保とうとして細胞内の水分を集めてしまいます。その結果、肌の細胞の水分が不足してしまうため、乾燥肌やシワが出来やすくなります。また乾燥は肌の新陳代謝を遅らせてしまうという作用もあるため、毛穴の開きや弾力不足・シミの出来やすい肌になるなど美容を求めるうえで様々な支障をきたします。そのためにも塩分の摂取量には注意が必要です。
塩分を多く含む食べ物として、味噌に醤油や水分を抜いた干物など日本食に多く含まれることが多いです。他にもパンやコンソメ・うどんなどにも多く含まれます。普段の食生活を見直すだけでも摂取量の減少を図り、美容効果を得ることは可能です。また過剰に摂ってしまった場合も、カリウムを置く含む食材を摂取することが大切です。電解質はナトリウムとカリウムのバランスで保たれているため、過剰摂取による高ナトリウム状態を改善するにはカリウム接種が効果的です。花05

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。