テクノロジー08敏感肌はもともとの体質を指す場合もありますが、健康的な肌を持っているにもかかわらず、乾燥などの様々な要因で刺激に弱くなっている状態を指す場合もあります。つまり間違ったメイク落としの方法を続けていると、誰もが敏感肌になりうるのです。安心なメイク落としには、メイクを残さないこと、乾燥を防ぐことが重要です。残ったメイクは黒ずみやニキビなどの原因になってしまいます。かといって、洗浄力の強いクレンジング剤を使うと、必要な油分まで奪い、乾燥の原因となります。クレンジング剤は様々な種類の中から、メイクの濃さによって選び分ける必要があるのです。目元や口元などのメイクが濃い場合は、ポイントメイク用のメイク落としを併用するのが理想です。逆にメイクが薄い場合は、ミルクタイプや泡タイプなどの洗浄力を抑えたものにしましょう。メイクを落とす時には、決して顔をこすってはいけません。摩擦は将来的なシミの原因になると共に、肌を傷つけてしまいます。必ず指先で優しくなでるようにゆっくりと動かしましょう。また、クレンジング剤によっては、その後に洗顔が必要な場合もあります。洗顔も決して顔をこすらないことはクレンジングと同じです。洗顔料を良く泡立て、泡を手と顔の間で優しく動かすイメージで洗顔します。メイク落としの際には熱いお湯ではなく、人肌程度のぬるま湯を使って乾燥を防ぎましょう。顔を拭く際にも、タオルをこすらず軽く押すようにして拭きます。そして、すぐに保湿することが不可欠です。こういった正しいメイク落としを続けると、敏感肌でも安心してメイクを楽しむことができるだけでなく、敏感肌の改善にもつながるのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。