体内の必須の栄養素である脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類に分けられます。不飽和脂肪酸はその構造から、オメガ3とオメガ6・オメガ9の3種類に分類されます。この中でもオメガ3脂肪酸は最近話題の美容成分で、女性に高い支持を受けています。この脂肪酸は人間の体内で生成することは不可能で、食品から摂取する必要があります。オメガ3脂肪酸を多く含む食品として有名なのが、亜麻仁油やエゴマ油などのa-リノレン酸です。また魚の油に多く含まれるDHAやEPAもその1種です。DHAやEPAはa-リノレン酸を元に体内で合成されますが、不足することで体内に様々な不調をきたします。オメガ3脂肪酸が不足すると脳や神経や皮膚などに様々な異常が現れることも十分に考えられるので、積極的に食品から摂取することが望ましいとされています。オメガ3は特徴として、酸化のスピードが非常に速いという性質を持っています。酸化した油を摂取することは体内に様々な悪影響を及ぼす可能性が高いとされています。このことからオメガ3脂肪酸が含まれた食品を摂取する際は、出来るだけ早めに使い切ることでより体内に吸収されやすくなるといえます。オメガ3を含む食品には油の他にも、サバやサンマなどの青魚やくるみなどにも豊富に含まれています。a0002_002034

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。