野菜嫌いな子供でも飲めるグリーンスムージーを作りたいと考えたら、最初は果物が多めのレシピから始める事がお勧めです。
バナナやりんごを多めに加えるようにするだけでも、飲みやすい味へと変わります。
野菜が嫌いな子供でも飲めるようにするには、蜂蜜等の甘みを加えた方が良いのではないかと考える人は少なくありませんが、甘みは果物からだけでも充分得られる事になります。
ですから、最初は野菜に対して、果物が多めの配合で作り、飲む事に抵抗を感じない状態を作っていく事が大切です。
そして、慣れてきたら、徐々に野菜を増やしていく事がお勧めです。
グリーンスムージーは生の葉野菜を入れる事で、より高い美容効果、健康効果を得られるとされますが、葉野菜の中には毒素も含まれており、子供が毎日摂取し続けると、その毒素が体内に蓄積してしまう可能性があります。
その為、子供に飲ませる場合、毎日違う野菜の組み合わせを選ぶようにする事がお勧めです。
それにより、安全に野菜の栄養素を摂取していく事が出来るようになります。
味になれないうちは、キャベツや水菜等と果物を合わせて作るようにする事で、比較的、飲みやすいグリーンスムージーを作る事が出来ます。kaigo03_m

美容や健康によいということで注目を集めているのが、グリーンスムージーです。一般的に、緑色の野菜を中心に水とミキサーにかけてジュース状にした飲み物もことです。緑色の生野菜には、多くの酵素が含まれています。酵素は体内に必要とされる成分で、消化機能や代謝機能を助ける働きがあります。代謝を促すことでダイエット効果が得られたり、抗酸化作用があることで美容にもよいなどという理由で、人気があります。

酵素は朝摂取することで、1日のエネルギーを消費しやすくなります。ですからグリーンスムージーの飲み方として、朝に摂取することがおすすめです。さらに効果が上がる飲み方は、起きてから、おなかが空っぽの状態でグリーンスムージー単体で飲みます。これは、グリーンスムージーに含まれている栄養素を十分に吸収できるようにするためです。さらにその後40分~1時間程度は他の食べ物を食べないようにします。これは、食べ物によって消化するスピードが異なるからです。野菜の場合は40分~1時間程度で消化されるものが、たんぱく質や炭水化物は10時間前後かかるといわれているからです。単体で飲むことによって、よりよく栄養素が体に吸収されやすい状態になります。kaigo02_m

グリーンスムージーを飲み続けていると、好転反応が起こることがあります。好転反応とは身体が健康になるために、一時的に起こる作用だと言われています。現代人はストレスや不規則な生活などで体内に老廃物の排出が上手くいかず体内に残っていたり、活性酸素がたくさん発生しています。好転反応はそれらを体外に排出するデトックス作用です。症状が出る場所はその人の身体の中の弱い部分だと言われていて、多く見られるのは下痢や頭痛、眠気や吐き気、吹き出物などがあり、その人のもともとの身体の状態によって変わってくると言われています。また、好転反応が全く見られない人もいて、個人差がとても大きなものになります。それらの症状は一時的なもので、短い人で数日、長い人でも2週間ほどだと言われています。好転反応が出ている期間は、グリーンスムージーを飲む回数を減らしたり、水で薄めるなどの対策をとると自然と収まってくる人が多いですが、それでも症状が軽減されない場合は、グリーンスムージーを飲むのを中止することも重要です。
あまりにも症状が酷かったり、期間が長い時には、他の原因が隠れている可能性があります。無理をせずに病院で診察を受けるようにしましょう。kaigo01_m

最近では若い世代の女性たちを中心にグリーンスムージーを毎日飲んでいるという人が増えており、テレビ番組や雑誌で紹介されるなど、世の中で大きな注目を集めています。グリーンスムージーとは簡単に言うと、生の葉野菜とフルーツと水をミキサーなどを使って混ぜ合わせたジュースのことです。葉野菜はとても栄養価が高く、ビタミンA、C、E、B、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているので、それらを熱によって壊さずに生のまま口にできるものとして、グリーンスムージーはとても優れた飲み物なのです。これを飲み続けることによって期待できる効果としては、腸内環境を整えることで便秘を解消したり、お肌の調子が良くなったり、むくみが取れたりなど様々なものがあります。とは言え毎日作るとなると少し手間がかかると言うことで、作り置きしたいという人もいるでしょう。しかしグリーンスムージーの注意点として作ってからできるだけ早く飲むことが挙げられるほど、その効果を十分に発揮できる時間は短いものなので、作り置きはお勧めできません。その大きな理由として挙げられるのは酸化です。せっかくの豊富な栄養素が差過疎と触れることで変質し、その効果を失っていくのです。どうしてもすぐには飲めないのであれば、ラップなどでしっかり蓋をして冷蔵庫で保存し、それでもできるだけ早めに飲みましょう。a0027_000273

時折テレビや雑誌で見かけるローフードというキーワードにぴんときている人も多いのではないでしょうか。もっと健康に、美容に気を使おうと考えている女性たちに特に注目されています。

ローは生、そしてフードは文字通り食べ物です。果物や野菜など加熱していないものを中心に食べる事で、食物の酵素や栄養素を壊すことなく体内に取り入れることが出来るのが特徴となります。もちろん完全非加熱という食べ方は難しいですから、場合によっては食材を加熱し過ぎない程度に温めて食べる事はあります。

ポピュラーなローフードとしては、果物や野菜が中心で、スプラウトや発酵食品、海藻類、ナッツ類などをよく使います。ナッツ類には種子も含まれますが、これを食べる場合には水に浸してから食べるようにしましょう。生の肉や魚などもローフードで食べる事もあるかもしれませんが、寄生虫や食中毒には気をつける必要があります。

ローフードを食べる事で体内の消化をしやすくして、代謝にエネルギーを使えるようになりますので、ダイエットや美容などにも効果があると言われています。ただし、計画を立てて栄養を取らないとカルシウムなどのミネラルやタンパク質等が不足する可能性もありますので、実践の際には使う食材をよく選んでいきましょう。a0015_000012

美味しいグリーンスムージーを飲んで美容と健康に役立ててみたいと思っている人も大勢いますが、野菜選びにもちょっと一工夫をしてみましょう。どんな野菜でも使えないわけではないのですが、クロロフィルがたっぷり含まれているものを選びましょう。そうする事で体内の毒素を排出してすっきりさせてくれるのです。

気をつけたいのは、スプラウト系です。煙草のニコチンなどと同種類のアルカロイドという毒素が含まれているので、蓄積してしまう可能性があります。また、でんぷん質が多い野菜もあまりおすすめできません。白菜やキャベツなども葉物野菜ですがでんぷんが多いのと、根菜類も同じくむかない野菜です。

ブロッコリーに関しては悩みどころですが、スムージーに使う事も出来ます。正しく気に関しては余り生食しない方がいいとも言われていますので、もしも使うのであれば実の部分を使って茎は加熱してから食べるようにした方がいいでしょう。いろんな野菜があるので、どんどんスムージーも作ってみたいものです。野菜やフルーツなどいろんなものがありますが、オリジナルで作っていく前にまずは定番のレシピから作りましょう。その方がグリーンスムージーにも親しみやすいです。a0002_004326

スムージーは凍らせた野菜や果物を水と一緒にミキサーにかけて飲むものです。野菜や果物を固形のまま摂取するよりも、飲み物にすることで量を沢山、効率的に摂取することができます。スムージーはお好みの野菜や果物を使って、オリジナルのものを簡単に作れるのが魅力です。スムージーの中でもグリーンスムージーが女性を中心に人気を集めています。グリーンスムージーは緑の葉野菜を中心にして作ります。生の野菜や果物を使うので体内に生きた酵素を取り込むことができ、野菜や果物が本来持っているビタミンやミネラルなどを壊すことなくそのまま取り入れることができるので、免疫力を高めたり、食物繊維を多く摂取できるので便秘解消や腸内環境の改善に役立ちます。便通を良くすることで新陳代謝が良くなり、美肌効果も期待できます。グリーンスムージーを作るときに使われる葉野菜はほうれん草や小松菜が一般的です。ほうれん草や小松菜は料理として食べるときはゆでるなどして熱を通すことで本来持っているビタミンや葉酸などが減ってしまいますが、スムージーの場合はそのものを使うので、全ても栄養分を摂取することができます。葉野菜だけでは苦味や青臭さが残ってしまうので、バナナやりんご、レモン、いちご、ベリー類などもおすすめです。果物を加えることでビタミンを摂取できるだけでなく、甘くてまろやかになり飲みやすくなります。a0002_004006

ダイエットや健康のためにグリーンスムージーを作と言うときに悩むのが作るための機械です。ミキサー、ジューサー、ブレンダーという種類が上げられます。
ミキサーとブレンダーは基本的に同じ物です。容器の底に刃がついており、それ果物や野菜を細かく切り刻んで撹拌し、水や牛乳などの水分を加えることでジュースを作ることができます。食材を丸ごと食べることができるため、食物繊維をとることができ、ボリュームがある飲み物が飲めて残りかすが出ないため手入れが楽です。最近ではフードプロセッサーと同じ機能があったり、加熱できるタイプも販売されていますが、水分を足さないとジュースにならない、飲みやすいジュースは作りにくく機械自体が大きいというデメリットがあります。
ジューサーは、野菜や果物などを細かく砕いて細胞壁を壊して濾して水分だけを絞り出す物です。水分の少ない食材でもジュースにすることができ、食材の水分だけなので100%のものができ、飲みやすいさらっとしたジュースが作れます。しかし、残りかすが内部に残るため手入れが面倒で、食材の身を濾すため食物繊維が減ってしまいます。
おすすめの選び方としては、大きさや安全性、食材の出し入れがしやすいかなどをチェックしてから決めることが良いとされています。a0002_000036

最近話題沸騰のグリーンスムージー、海外セレブや有名女優もダイエットに活用するなどして広く浸透してきています。ダイエットのみならずデトックス効果や美肌効果も期待できるこのグリーンスムージーですが、準備も大変そうだし毎日続けるのは大変そうに思うかもしれません。しかしいくつかの注意点を守ればいいだけで、実はとても簡単にスムージー生活が始められるのです。
グリーンスムージーの材料となるのは、小松菜やほうれん草といった緑色の葉物野菜とお好きな果物を数種類、あとお水だけです。葉物野菜は1回につき1種類のみを使うようにします。また果物はたくさんの種類を入れすぎると消化するときの負担となってしまいますので、多くても3~4種類くらいにしてください。野菜が多すぎると抵抗を感じることもありますので、慣れるまでは野菜2:果物8くらいの割合で用意するとよいでしょう。材料を適当な大きさに切ったらミキサーに入れて、そこへお水1カップ程度を加えてミックスします。この時牛乳や豆乳、ヨーグルトを加えると消化の妨げになります。なのでグリーンスムージーで使うのはお水だけです。
飲む量の目安は1日1リットル~2リットル、朝の空腹時に飲むと栄養がしっかり吸収されると言われていますが、量が多い場合は冷蔵庫で保管するなどして何度かに分けて飲んでもよいでしょう。a0001_000584

野菜や果物など生の食材をローフードと呼びます。基本的には48℃以下で調理されたもののことで、これのほかにナッツ類なども合わせてとり入れる食事で健康への効果を期待できると言われています。
しかしこのローフードを続けようとすることは、簡単なようですが満足な量の野菜や果物を用意するのはとても手間がかかりますし料理のレパートリーも限られてしまいます。そこで手軽にローフードを摂取する方法として注目されているのがグリーンスムージーです。
グリーンスムージーは葉物野菜と果物をミックスしたスムージーのことで、熱に弱い栄養素なども壊すことなくそのまま摂ることができる飲み物です。食物繊維が豊富なので便秘が解消されたり老廃物を排出するデトックス効果があります。またビタミンを多く含む果物を使うことにより美肌効果が期待でき、喉や鼻などの粘膜を守ることができるので風邪の予防にもなります。
野菜や果物が持つ栄養分を組み合わせることによってさまざまな効果を得ることができ、また自宅で簡単に作れることから気軽にローフードに触れることができる言わば入門編といったところでしょう。普段からあまり野菜を摂らないなどの悩みを持っている場合はますます試してみる価値がありそうです。a0001_000062