最近では女らしく見える赤リップが流行しているのですが、ファッションとのバランスが分からなくてなかなか挑戦できないという人も多いでしょう。また、派手な赤リップはファッションと合わせにくいのではないかと考えている人もいるかもしれません。ちなみに、赤リップはコントラストによって肌をより白く見せたり、黒目を強調したりするなどといった嬉しい効果を期待できるため、顔の印象をアップさせたいという人にオススメです。赤リップにはどのようなファッションと合わせたら良いのかということですが、ダークカラーの服装と合わせれば比較的バランスを取りやすいということです。ダークカラーというと黒やグレー、ネイビーなどといったものが代表的です。このような色は服によく使われていますし、どんな人にも似合うと言われています。しかし、服によっては堅苦しい雰囲気になってしまうため、適度な肌見せを心がけましょう。胸元の開いたトップスなどを選べばダークカラーでもすっきり見せることができますし、落ち着いた大人の女性を演出することができます。首や胸元を見せることで肌の色と赤リップが引き立ちますし、お洒落な印象を与えることができるでしょう。ウェディング14

最近、若い女性を中心に流行っているメイク術に、赤リップをぬるというものがあります。まっかな口紅が流行ったのはバブルの時代以来ではないでしょうか。あのころは、真っ赤なルージュに濃くて太いアイブロウをし、マスカラをたっぷりぬって、濃いめのアイシャドウを入れるというメイクがほとんどでした、しかし今は違います。赤リップを使うときは、アイメイクは引き算するのが主流です。アイメイクを引き算するとはどういうことでしょうか。例えば、赤リップをぬり、バブルの時代のように黒くて太い眉毛を描いては、顔が濃くなりすぎてしまいます。ふと眉も流行ですが、この場合は薄くアイブロウをしましょう。アイシャドウも紫や青、緑といった派手な色を濃くのせるのではなく、薄ピンクやオレンジといった淡い色をさりげなくのせます。さらに赤リップをぬると、顔の血色がよく見えますので、同じく血色を良く見せるチークは薄目にした方がバランスが取れます。まったく他のメイクをしないのではなく、薄くするところは薄くするという引き算メイクが重要です。ぜひ、普段はベージュなどの淡い色の口紅しか使わないという人も、今流行の赤リップに挑戦してみてはいかがでしょうか。ウェディング13

いま流行の赤リップ。でも、チャレンジするにはハードルが高いと思っていませんか。自然に使いこなすカギは自分に合ったカラーを選ぶことです。おしゃれの基本中の基本は「自分に似合うものを使いこなすこと」です。流行ものをただ取り入れるのではなく、自分に似合うかたちでポイントとして取り入れるようにしましょう。
では、自分に合った色とはどういったものかというと、まずは肌の色に注目します。赤リップの発信源はやはり白人女性のため、ついマットで真っ赤なものを選びたくなるかもしれませんが、日本人の場合は色白な人でも黄みがかった人が多いので、マットな赤色よりもオレンジがかった赤色が肌に合います。また、べったりとルージュだけを付けるよりもグロスで艶感をだしてぷっくりを仕上げたほうが、きめの細かい日本人の肌には似合う傾向にあります。
肌の色にあったものを選ぶと肌なじみがよくなる分、物足りないという人もいるかもしれません。そういった場合はメインのルージュのトーンを明るくするのではなく、リップライナーを使ってはっきりとした輪郭を出してからメインの赤リップをのせるとはっきりとさせることができます。また、リップづくりの基本として、コンシーラーやファンデーションで唇の色を消してから色をのせるとより綺麗な発色と輪郭を作り出すことができます。少しの工夫で自然でも目立つセクシーな唇を演出することができます。ウェディング12

ニキビや吹き出物、肌荒れなど肌トラブルに悩む人は、思い切って逆転メイクを試してみることができるでしょう。逆転メイクとは、スキンケアを終えた時点で赤色の口紅やグロスを唇につけることです。こうすることによって顔全体の血色が明るくなります。そのためベースメイクの厚塗りという問題を防ぐことができます。特に肌トラブルの問題を抱えていると、つい厚塗りしたくなってしまいます。しかしこれでは逆効果です。厚塗りした顔は老けた印象を与えますし、メイクから時間が経つとしわになってしまうこともあるからです。その点、厚塗りを避ければより透明感のある肌になり、若々しいという印象を与えることができます。もちろん、ニキビや吹き出物、肌荒れといった肌トラブルがある場合、その部分を何とか隠そうと厚く塗りたくなるものです。しかしファンデーションでは隠しきれるものではありません。そこで逆転メイクで赤色の口紅を使用するなら、かなり存在感のある唇を作り上げることができます。このように唇を目立たせるようにするなら、人の目は自然とそちらに向くものです。結果として、肌トラブルがあってもそちらには目がいかなくなります。赤色の口紅に加えて、グロスも使ってつややかにするなら、なお一層存在感のある唇が出来上がります。ウェディング11

夏のメイクというと、清涼感のあるブルー系のアイシャドーや、爽やかなオレンジ系のチークを使用するという人が多いでしょう。また、夏はスッキリと見えるヌーディーカラーのリップを選ぶという人が多いかもしれませんが、そのような色のリップよりも赤リップを使うのがオススメです。赤リップは海外セレブや女優なども愛用しており、口元に赤を加えることでさまざまな美容効果が期待できるということです。赤リップは派手な感じがして苦手だという印象を持っている人もいるかもしれません。しかし、一口に赤といってもさまざまな色味のものがあるため、好みに合わせて選んでいくことができます。真っ赤なリップは抵抗があるという場合、黄みが少なく彩度があまり高くないものや、透明感のあるタイプのものを選ぶと良いでしょう。そのような色のリップなら普段ナチュラルメイクをしている人でも手軽に取り入れることができますし、上品な雰囲気を演出することができます。赤というカラーに躊躇っていた人でも、取り入れることで印象を変えることができますし、普段のメイクに意外と馴染みやすいことに驚くでしょう。ちなみに、口元に赤を使うと黒目がハッキリと強調されるというメリットがあります。ウェディング10

目の下のクマが気になって、ついコンシーラーをゴリゴリ塗ったり、ファンデーションを分厚く塗ったりしていませんか。
それらの厚塗りは逆効果です。むしろコンシーラーはごく薄く塗って、午後にメイク直しをする方が効果がありますし、ファンデーションを厚く塗るとかえって化粧崩れ時にギャップが激しくなります。
目の下のクマ本体には、自然な仕上がりになる固形のコンシーラーをトントンと軽く塗って隠します。仕上げにフェイスパウダーをはたいて、とにかく軽く、ナチュラルにメイクするほうが厚塗りよりもクマの不自然さを隠すことができます。
それにプラスワンとして使えるのが赤リップです。
目の下に注目されないために、あえて唇に濃い色を乗せることで視線を誘導することができクマを隠すことができます。
いわゆるポイントメイク誘導テクニックです。
目の周りはごく薄めナチュラルに、目から遠いところをアピールすることで目の下をごまかすことができます。
その際、チークも顔の上半分に入れる方法をとるのではなくふんわりとするとより赤リップだけが強調されていい視線そらしになります。
なお、赤リップをアイシャドウ代わりにしたりクマ隠しに直接目の下に塗るという方法が紹介されていたりしますが、化粧品は使う場所で安全基準が違うこともありますのでおすすめしません。あくまで正攻法で目立たなくさせましょう。ウェディング09

赤リップは派手なイメージがあって苦手だという人も多いかもしれませんが、口元に赤を使うことでさまざまなメリットがあります。まず肌が一番、白く美しく見える色は赤であり、赤リップは美白効果を求めている人にオススメです。赤リップを使うとコントラストによって肌の色が明るく見えることはもちろん、赤は血色なので透明感のある肌に見せる効果も期待できます。それによって白肌強調ができるということなのですが、赤は肌のくすみを飛ばしてくれるので美肌効果も得られるでしょう。ちなみに、赤リップで口元の印象を際立たせて目の存在感をアップさせることにより、顔が全体的に引き締まって見えるという魅力もあります。つまり小顔効果が生まれるということなのですが、ベージュなどのヌーディーカラーと比べるとよく分かります。さらに赤で際立たせた口元は口角も引き締めてくれるため、笑顔が上品に見えるという効果もあります。赤はベージュなどのカラーより笑った時に口角が惹き立つため、笑顔を明るく見せてくれるでしょう。いつも使用しているリップを赤に変えるだけで上品な顔に仕上げることができますし、赤は相手に華やかで明るい印象を与えるという効果も期待できます。ウェディング08

最近では赤リップが流行しているのですが、セクシーになりすぎるのではないかと考えている女性も多いでしょう。口周りはくすみやすい部分であり、皮脂の汚れや乾燥肌などが主な原因として挙げられます。洗顔料や保湿剤でケアをしてもなかなか効果が期待できないという場合、メイクを工夫してみると良いでしょう。ファンデーションやコンシーラーなどのベースメイクを厚塗りしてくすみを隠すという方法もありますが、メイクに時間がかかってしまいますし、肌への負担も大きくなってしまいます。そこで手軽に肌のくすみを消したいという場合、赤リップを使うという方法がオススメです。赤リップを使うと肌とのコントラストによって美白効果を得ることができますし、気になる口の周りのくすみを消して肌の透明感がアップするのです。また、顔の血色を良くみせることができるため、ベースメイクを厚塗りする必要もなくなります。さらに、唇の存在感が強くなると小さなニキビが目立たなくなるということや、黒目を強調させることができるなどのメリットも挙げられます。赤は派手に見えそうという印象を持っている人もいるかもしれませんが、落ち着いたトーンの赤なら使いやすいということです。ウェディング07

「逆転メイク」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これは、通常、口紅やグロスはメイクの最後につけることが多いのですが、それをスキンケアが終わった段階、つまりメイクの一番最初に付けるというメイク方法のことを言います。
赤リップをファンデーションの前に塗ることにより、顔全体の血色が明るく見えるようになります。その結果、ファンデーションの厚塗りを予防することが出来るというわけです。
そもそも、厚塗りの原因は、肌がくすんで見えるということにあります。くすんだ肌をメイクでカバーしようとするため、必要以上に重ね塗りをしてしまうことが厚塗りの原因として考えられます。メイク直後は綺麗でも、時間の経過とともに、老けた印象を与えてしまう可能性がありますので、注意が必要です。
赤リップをメイク前に塗ることで、肌を白く透き通ったように見せてくれます。くすみをカバーする必要がありませんので、過度に重ね塗りをするということを予防することが出来るというわけです。
赤リップは普段の生活ではそれほど使わないという人には、手頃な価格で購入することが出来るタイプをおすすめします。500円程度で購入することが出来る物もありますので、まずは一本購入してみてはいかがでしょうか。ウェディング06

血色が悪いと、メイクをしても馴染みが悪く、メイクだけが浮いたような仕上がりになってしまいます。また透明感にも欠け、自然な艶感にも欠けてしまいます。ですがこれは、メイク前のひと手間でアップさせることができます。まずは蒸しタオルを使用した方法です。フェイスタオルを水に濡らし、適度に絞った後、おしぼりのように丸めた状態で電子レンジで1分前後、加熱します。後はこれを広げて、顔に乗せれば血色をアップさせることができます。メイク前に行うのは勿論のこと、洗顔の前にこれを行うと、肌が柔らかくななることでより汚れが落ちやすくなります。時間は少々かかりますが、非常に効果が高い方法です。また化粧水などをつける掌を温めておくのも、重要なポイントです。それから、血色が良く見えるような色を使用してメイクを行うのもひとつの方法です。この際、大活躍するのが赤リップです。とは言っても、くっきり、しっかりと唇に塗ってしまうと、健康的と言うよりも少し派手な、そして近寄りがたいような印象が強くなってしまいます。コンシーラーかファンデーションなどで唇のくすみを消したうえで、塗ると言うよりは乗せていくイメージで唇に赤リップの色をつけていき、とんとんと指で優しくなじませるようにしていくと、内側から滲み出るような健康的、かつセクシーな仕上がりになります。勿論、しっかりと赤リップを塗って、強い印象を演出したいと言う使い方もNGではありません。ただその場合も、仕上げにティッシュオフをしておくと自然な仕上がりになります。ウェディング05