ふくらはぎなど足のむくみは、一体何が原因で起きるのでしょうか?
なんとなくとか、運動不足だからとか、簡単に片付けてしまう人もいますが、実はもっと明確な理由があります。
もっともむくみの原因を一つに収めてしまうことはできず、実際には種々の原因があるのですが、そのなかでも特に明確なものは、ぎっくり腰です。
腰の不調と浮腫がどう関係あるのかと思われるかもしれませんが、これが大有りなんです。
というのは、足の浮腫が起きる原因の一つが、腰の不具合だからです。
例えば、腰の筋肉のバランスが崩れてしまうと、重心も崩れてしまいますが、それによって血流が悪くなり、その血流の悪さから浮腫が起きてしまうのです。
腰と足は繋がっているので、腰のバランスがおかしくなれば、当然その下の足も影響を受けることになります。
したがって、頻繁にぎっくり腰になる人は、きっと足もむくみやすい状態にあることでしょう。
そして、腰に原因がある浮腫については、いくら足をマッサージして循環をよくしても完治することはできません。
ほんの一時はそれで直るかもしれませんが、根本的な原因である腰の不調は治ってないので、またすぐに浮腫が起きてしまいます。
腰に原因がある浮腫は、まず腰の不調を改善しなければなりません。観葉植物03

むくみは、静脈が詰まったり、リンパ液がスムーズに流れないことで、血液の液体成分である血しょう成分が血液に戻らず、不要な水分として細胞と細胞の間に溜まってしまうことで発症するものです。血行不良や筋力低下などが発生する原因ですが、特に、重力に逆らうようにして下肢の血液を心臓に戻している足は、これが発生しやすい場所です。これは、足のふくらはぎには、血液を心臓に向かって押し戻す役割を果たしている静脈の弁があるのですが、立ちっぱなし、座りっぱなし、また運動不足などによってふくらはぎの筋力が低下すると、この弁の機能も低下しやすくなるためです。そしてこの静脈の弁の機能が壊れてしまうと発生するのが、静脈瘤と呼ばれる病気です。ですから、静脈瘤の前症状としてむくみが発生することはとても多いですし、またその状態を放置しておくと、静脈弁の機能の低下が進行してしまい、静脈瘤が発症することもあります。またそれ以外にも、ふくらはぎあたりにぼこぼことした、血管の浮き上がりが目立つような症状も出てくるのが特徴です。静脈瘤の内、深部に血栓ができてしまう二次性静脈瘤は、その血栓が肺に達したり、別の血管を詰まらせたりすることもあるため、とても恐ろしい症状です。ですから、むくみが一向に良くならない場合や、ふくらはぎの血管の浮き上がりが気になる場合は、医療機関に相談することをおすすめします。

世の中には、肥満に苦しんでる方がたくさんいらっしゃいます。
そういう方は、なんとかして体重を減らそうと努力なさっていますが、なかなかダイエットを達成できない方もおられます。
ある人はダイエットに成功するのに、別の人はなかなか成功できない。
こういうこともありますが、それは何故だと思いますか?
その理由は、肥満になる原因をちゃんと把握していないからです。
例えば、肥満の原因がむくみにある場合は、それを解消しなければ肥満は治りません。
ではむくみが起きる原因はどこにあるのか、それをご一緒に考えてみましょう。
むくみが起きる原因はいろいろありますが、一言で回答すれば、筋肉の血行が悪くなっているということです。
血行が悪くなる原因はいろいろなものがあり、長時間ずっと同じ姿勢でいることや、締め付けの強い服を着ていること、筋力が低下していること、冷え性になっていることなどがあります。
いずれにしても、血行を悪くしている要因を取り除けば、浮腫を治すことができるのです。
そしてそうやって浮腫を治していけば、それに原因がある肥満についても、自然に解消されていくのです。
結果には必ず原因があるので、その原因を調べるようにしてください。観葉植物02

セルライトは脂肪細胞・組織が変性して発生し、結果的に肌に凹凸が出来ます。それは見た目としても肌触りとしても印象は悪く、特に女性にとっては重大な悩みとなりやすいです。セルライトが出来てしまう仕組みの一つに体内の循環不良があります。循環不良は筋肉や血行などによって引き起こされます。まず筋肉に関して、体内の血液が循環する一つに筋収縮が大きく関与します。筋収縮時のエネルギーを利用し、血液は循環しています。しかし筋肉が硬くなったりやせ細ることで、必要な筋収縮が正常に行われなければ必然的に血液循環にも出てしまい、循環不良を引き起こします。次に血液に関して、血液は筋肉を使わなくても、本来備わっている血管のポンプ作用によって全身を循環することは可能です。そのポンプ作用が何らかの理由で障害を受け、正常に働かなくなると体内循環が阻害されてしまいます。また血管の近くにはリンパ管という老廃物を流すパイプ管のような組織が存在しています。リンパ管にはポンプ作用がないため、筋肉の収縮や血管のポンプ作用を利用して循環し、老廃物を排出しています。しかし循環障害g生じることで老廃物が蓄積してしまいます。その老廃物が原因となって脂肪細胞に影響を及ぼし、組織の変形を引き起こしてセルライトが完成してしまいます。観葉植物01

体にむくみが出来たら、それは運動不足で血行が悪くなってる証拠だから、ダイエットをしてそれを解消すればいい。
こういう風に考えてる人も多いと思いますが、これはそのまま額面どおりに受け取ることはできません。
というのは、運動をしたり食事制限することによってむくみが解消される場合もありますが、その逆に、ダイエットを行ったせいでむくみが治らない、むしろ拡大していくということもあるからです。
これはやり方や体質にもよりますが、こういう事態に陥ることもあるので注意しなければなりません。
では、どのように対処すればいいのでしょうか。
まずは、ダイエットとむくみの関係性を正確に知らなければなりません。
例えば、基本的に運動や食事制限は浮腫に効果がありますが、しかし過度にそれを行うと症状を悪化させてしまうケースがあることです。
なぜそうなってしまうかというと、過度なダイエットを行うことによって、心身共に癒しではなくダメージを受けてしまうからです。
その最たるものが筋肉疲労と精神的ストレスです。
筋肉を和らげるための運動は浮腫解消に効果がありますが、しかし過度な運動をして筋肉を疲労させれば、逆に循環を悪くしてしまいます。
また、運動や断食などで精神的ストレスを溜めてしまうと、それによって血行を悪くしてしまうことがあります。
このように、やりすぎにはくれぐれも注意しなければなりません。花08

冷え性は誰にでも起こり得る症状で、その多くに末端冷え性を訴える方が多いです。しかしそれは生活習慣を見直すことで改善可能なケースが多いです。
その原因の一つに血行不良があります。血液は心臓が収縮して全身に押し出されており、血液の流れが悪い方は末端にまで血流が届かないことが多いです。また血行不良の要因の一つに筋肉が挙げられます。筋肉は収縮すると血液を全身へ送るポンプのような働きも果たすため、筋肉の収縮が正常に行われなかったり、筋肉量自体が少ない・筋肉の動きが少ないといった場合には血行不良に陥りやすいです。また人体構造上、男性に比べて女性は筋肉が小さい傾向があるため女性の方が冷え性になりやすいです。
その予防として、適時手足を動かすことです。動かす方法は非常に簡単で、他紙の力を抜いて手首・足首をぶらぶらと振ります。他にも指の曲げ伸ばしなども効果的です。末端を動かすことで組織の運動がおこり、循環の改善が見込めます。その結果、血流が改善し、予防になります。
また食事の面からも予防は可能です。血行を促進する食べ物として、ニンジンやゴボウ・玉ねぎ・カボチャなどがあります。特に火を通し、温めた状態で食べることで体温を高めやすく効果が得られやすいです。それに対し、冷えを引きお香食べ物はトマト・きゅうり・バナナ・コーヒーなどが挙げられます。身近なところから冷えは防ぐことが出来るため、日々の生活を見直すことが重要です。花07

デスクワークをしている人は、運動不足になりがちです。
長時間同じ姿勢で仕事をしていると、血行が悪くなるため、慢性的な肩こりや足のむくみなどを引き起こしてしまいます。

肩こりやむくみを解消するためには軽い運動が必要ですが、なかなか時間が取れないというのが現実です。
しかし、運動不足の改善方法はそれほど難しくはありません。仕事の合間にちょっと心がけるだけで良いのです。

まず、1時間に1度は休憩しましょう。
5分から10分で構いませんので、フロア内を歩いたり、外の空気を吸いに出かけましょう。
もし、休憩が取りづらい場合は、トイレに席を立つだけでも良いですし、外出できない場合は、トイレの個室でストレッチをするだけでも効果があります。軽いウォーキングやストレッチをすれば、血の巡りが良くなりますので、肩こりやむくみが起こりにくくなります。

ただ、仕事をしていると、なかなか休憩を入れるのは難しいものです。
気がつくと1時間があっという間に経過していますし、切りが悪いとなかなか休むこともできないでしょう。

そんな方は、携帯電話やパソコンのタイマー機能を使ってみてはいかがでしょうか。
タイマーを設定しておけば、休みを入れるきっかけになります。
アラームが鳴ったら、少し無理をしてでも休みましょう。
座りっぱなしだった体を起こして軽く歩くだけでも、だいぶ違います。

また、ランチのタイミングで外に出るというのも一つの方法です。
こうした心がけをすることで、運動不足はきっと解消されるはずです。花06

塩分は健康を保つうえで重要な栄養素ですが、過剰に摂るとかえって身体に悪影響を及ぼすこともあります。また過剰摂取は美容の妨げにもなります。過剰に摂取することで体内にナトリウムが多く貯留することになります。それに伴い、体内の水分量を保つ電解質がバランスを崩してしまいます。その際、体内の水分バランスを保とうとして細胞内の水分を集めてしまいます。その結果、肌の細胞の水分が不足してしまうため、乾燥肌やシワが出来やすくなります。また乾燥は肌の新陳代謝を遅らせてしまうという作用もあるため、毛穴の開きや弾力不足・シミの出来やすい肌になるなど美容を求めるうえで様々な支障をきたします。そのためにも塩分の摂取量には注意が必要です。
塩分を多く含む食べ物として、味噌に醤油や水分を抜いた干物など日本食に多く含まれることが多いです。他にもパンやコンソメ・うどんなどにも多く含まれます。普段の食生活を見直すだけでも摂取量の減少を図り、美容効果を得ることは可能です。また過剰に摂ってしまった場合も、カリウムを置く含む食材を摂取することが大切です。電解質はナトリウムとカリウムのバランスで保たれているため、過剰摂取による高ナトリウム状態を改善するにはカリウム接種が効果的です。花05

むくみには、むくみやすい方とそうでない方がいらっしゃいますが、どのような方が特にその症状が出やすくなるのでしょうか。何か体質の違いがあるのでしょうか。まず血圧の低い方はむくみやすいと言えます。これはなぜかと言いますと、たとえ心臓の病気を持っていなくても血圧が低いとどうしても足から静脈血を引き上げる力がそもそも心臓にはなく、そのためむくんでしまうからです。このため、ふくらはぎあたりの筋肉を鍛えて筋肉のポンプ作用を引き上げると徐々にむくまなくなってきます。ところで血圧が低い人以外にもむくみやすい体質の人はいるでしょうか。実は肥満の人も気をつける必要があるのです。というのも肥満の人はそもそも心臓に負担がかかっていることが原因で静脈血を引き上げる力が弱くなっています。このため、足の方にどうしても静脈血が溜まってしまいます。また肥満の人は脂肪のせいでどうしても呼吸が浅くなる傾向にあります、このことがますます静脈血の流れを悪くしています。さらに皮下脂肪が多いことでむくみが解消されにくくなっているのです。このため肥満の人がむくまなくなるには、筋肉を鍛えることはもちろんですが、それと同時にダイエットも必要となってきます。花04

足のむくみは、血液中の水分が血管やリンパ管の外に染み出して、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。足にむくみがあると、パンツや靴を履くときに足がふくれた感じがして、とても窮屈な思いをします。むくみの原因は、長時間の立ち仕事や、デスクワーク、同じ姿勢で運動をしない場合に全身の血行が悪くなることで起こります。また運動不足や睡眠不足など、生活環境によるストレスで影響することもあります。心臓から遠い足は重力に逆らって血液を運ぶ必要があるため、ポンプの役割を果たす足の筋肉が重要となります。そのため足をきつく締め付けるような靴や、ヒールの高い靴を履き続けると、足の筋肉が疲労してポンプの役割を果たさなくなり、血流が悪くなってむくみを起こすことになります。この状態を放置すると、下半身から上半身へと血液が戻らなくなり、老廃物を抱えた血液が留まることで、下肢静脈瘤という症状が起こります。この症状は慢性的なだるさ、鈍痛、かゆみや足がつるといった状態が起こり、さらに放置すると血管から血液が染みだし皮膚が黒ずんだり硬くなったりして、潰瘍になることもあります。さらに血液の循環が上手くいかず、本来なら心臓へと届く血液が届かないために、階段を上るとすぐに息切れや動悸などの症状も現れます。その他にも血液中に含まれるアルブミンが停滞することで、通常ならば栄養素の運搬や体液の濃度を調節機能が低下するため、腎臓や肝臓の機能障害や全身に何かしらの障害が起こる可能性があります。そのため普段からむくみを解消するマッサージなどを行い、違和感を感じた場合は医師に相談するようにしましょう。花03