髪は洗い過ぎても、洗わずにいても問題が起こります。
洗い過ぎの場合は髪が傷み、頭皮のぱさつきがフケやかゆみに繋がることがありますし、その反対に洗わずに放置していれば不潔になって、毛根の周囲に溜まった脂が毛穴の呼吸を妨げて、それが原因で毛根が弱り、抜け毛や薄毛に繋がることもあるのです。
また、洗っても洗ってもかゆみが治まらないという人や、洗った後からすぐにフケがたくさん出る人もいるでしょう。
洗ってもかゆみが治まらない人は、寝ている間にも頭を無意識に掻きむしってしまい、頭の中にたくさんのかさぶたを作ってしまうので、更に症状が悪化したなどということもあるでしょう。
ところで頭から出るフケですが、本当にそれはフケでしょうか。
もしかすると、脂漏性湿疹による頭皮の剥離だということはありませんか。
だとしたら、いくら頭を洗ってもかゆみなどの症状が改善されるどころか、悪くなる一方です。
そのような方は、一度皮膚科の受診をされることをお勧めします。
皮膚科で調べてもらえば、何が問題なのかすぐに分かります。
かゆみなどに悩んでいる方は、そのまま放置せずに調べてもらってください。
医師が勧める薬用シャンプーなどで、症状の改善が見られることでしょう。ウェディング04

髪は本来、頭皮を保護するために存在しています。しかし近年ではおしゃれの一つとしてヘアスタイルも多様化しています。しかしその中で髪へのダメージが蓄積されているケースが多いです。ダメージが蓄積されると必然的に髪の毛に傷みが生じ、切れ毛や枝毛・抜け毛・毛が抜ける・細くなるといった様々な問題に直面します。おしゃれを楽しむためにもダメージが起こりやすいヘアスタイルを把握し、ケアに努めることが大切です。
まず多いケースとしてカラーリングが挙げられます。カラーリングを行うことで髪の内部にまで色素が沈着し、色の変性が起こります。髪は本来、キューティクルという表層組織が保護しているが、色素を通す際にキューティクルをはがすようにして染み込んでいきます。保護するための層をはがす為、必然的にダメージは起こりやすいです。そのあとのヘアケアである程度はきれいな状態に戻すことは可能ですが、カラーリングは一度行うとプリンになることを避けるため繰り返す行うことが多く、ケアよりもダメージの蓄積が勝ります。
次にあげられるのがパーマです。パーマを当てる際、専用の液体を髪表面に塗り、その上から過熱します。過熱する際にキューティクルに隙間が生じ、その隙間に液体が浸透することで型が完成します。しかし過熱することで髪にダメージが及ぶことと、深層にまで液体が浸透することでさらにダメージが及びます。きれいな髪を保つためには、ダメージを負った後のケアに加え、頻度調整も考える必要があります。ウェディング03

頭皮は髪の毛を育てて支えるための土台となります。その土台がダメージを受けていると良質な髪も育ちにくく、薄毛や抜け毛といった問題にもつながりかねません。それを解決するためにもケアは重要となります。ダメージの種類において大きく二つに分けると油分が多い場合と乾燥している場合があります。
まず油分が多いと必然的にオイリーになってしまいます。その状態では毛穴に油や汚れが詰まりやすくなります。結果的に毛根内を圧迫し、栄養補給が出来なかったりストレスを当ててしまうため負担になりやすく、髪にも悪影響を及ぼします。またこのタイプの肌は太っていたり、もともと汗を多くかいてしまう方に多く見られます。他にも使用しているシャンプーの洗浄力が強すぎて起こる場合もあります。それは洗浄力が強く皮脂を過剰に除去してしまうため、乾燥を防ぐために皮脂の分泌が促進され、オイリーな頭皮になってしまいます。
次に乾燥しているケースについてです、この場合だとダメージを受けて炎症が生じ、ダメージドライに至るというケースが多いです。そのダメージも様々に存在し、先ほどの洗浄力の強いシャンプーダメージやカラーリング・直射日光など要因は様々です。共通して大事なことは、自分の頭皮の状態を把握し、それに合わせたケアを行うことです。ウェディング02

一般的に、日本人の髪の毛は黒髪のストレートヘアというイメージが強いですが、実は約8割の人が、髪の毛に何らかのクセがあります。しかも、近年は食生活の変化などの影響もあり、以前に比べてよりくせ毛の人が増えています。クセ毛と直毛の違いは、単に見た目の問題だけではありません。髪にクセを持つ人の場合は、ストレートヘアの人と比べて、髪の毛が乾燥しやすい、という特徴があります。これは、髪の毛の主成分である水分とたんぱく質が、直毛の人の場合は髪の毛全体に均等に配分されているのに対し、クセ毛の人の場合は、いびつに配合されている、という違いがあるためです。こうした髪質の違いにより、クセ毛の人の場合は、クセによって髪の毛にボリュームが出やすいうえに、乾燥しやすいためにより一層髪の毛が広がりやすくなります。ですから、クセ毛の人は、自分の髪質に合ったヘアケア剤を適切に使うことが、髪の毛を美しく保つためにはとても重要なポイントとなります。特に、髪の内部に水分を保つ効果の高いヘアケア製品を使えば、髪がまとまりやすくなるので、毎朝のスタイリングがかなり楽になります。髪質の違いを考慮した適切なケアが、美髪への第一歩だと言えるでしょう。ウェディング01

シャンプーは商品の種類も多く、それに伴い含まれている成分も様々です。その価格も商品によって異なり、数百円から数千年と幅広いです。またシャンプーは髪をきれいな状態に保つうえでも重要な役割を果たすため出来るだけ上質の物を使う方が良いです。一般的な良い商品の特徴として、界面活性剤やシリコン・オイルが含まれておらず、アミノ酸を多く含むものとされています。まず界面活性剤に関して、この成分は皮脂を除去する強い力をもっています。そのため必要以上に皮脂を除去し、結果的に頭皮トラブルにつながります。次にシリコン・オイルに関して、この二つは髪の表面をコーティングする働きがあり、紫外線や熱・外力から保護することが可能となります。しかしその反面、二つとも分類として油とされてしまうため、シャンプーの泡立ちを阻害してしまいます。その結果、泡立ちの不十分さを補うために洗浄力が強くなり頭皮トラブルに繋がります。
それに対しアミノ酸系は天然成分を含むため、ダメージも少なく良心的です。実際に使った後の違いとして、良くない方のシャンプー(界面活性剤・シリコン・オイル)は頭皮がさっぱりしすぎていたり髪がつやつやしていることが多いです。アミノ酸系のシャンプーはさっぱり感には欠けますが、つやつや感はなく自然な状態に近いです。葉03

くせっ毛やぱさつきなど、髪質での悩みもいろいろありますが、日々のシャンプーにも目を向けていく事で改善をする事ができます。最近はノンシリコンという表記のある製品も多いですが、美髪のために良い成分が配合されているものを探してそれを使っていくのも効果的です。シャンプーの成分自体は水と界面活性剤で出来ています。この界面活性剤が何かによってかなり髪に与える影響が違ってきますので、パッケージを一度じっくりと見てみることをオススメします。

洗浄力がかなり強いのはラウリルや硫酸とついているものです。ラウリル硫酸Naと書かれているものは頭皮の皮脂もかなり除去してしまいますので、必要な潤いが失われてしまいます。合成された界面活性剤として代表的なものと知られていますが、ラウレス硫酸Naと記載があるものも同様です。薄毛などが気になっている人は避けた方が無難です。合成系でもアミノ酸系やベタイン系のものなどは頭皮に優しく使えますので、これらを探してみましょう。

天然由来の界面活性剤もあります。レシチンやサポニンなどですが、天然成分だけあって他の界面活性剤よりマイルドな洗い心地となりますから、安心して使っていく事ができます。葉02

シャンプーは、髪の毛や頭皮とって悪い影響を及ぼす成分が含まれている事が少なくありません。何も知らないでそのような銘柄のものを使い続けていると抜け毛や薄毛になったり、はたまた頭皮に炎症が発生してしまう場合があります。だからと言って逆に何が危険ではないのかということもわからないので変えるに変えられません。そこでなるべく避けられるなら避けたい成分を紹介します。まず危険の代名詞と呼ばれるのはラウレス硫酸ナトリウムとラウリル硫酸ナトリウムです。これらを配合すると泡立ちが良く、洗浄力が高くなるので様々なシャンプーに配合されています。少ない量ですぐに泡立つ安い銘柄には間違いなくこれらの成分が配合されていることでしょう。他にも危険と思われるものがあります。シリコンという髪の毛のコーティング剤がそれに該当するのですが要注意です。表記上ほとんどこの名称で記されていることはまずないと思ってよいでしょう。実際には、シロキサン、ヒートケラチン、ジメチコン、シリル化ケラチンと記されています。他にもシャンプーには危険なものがたくさん配合されているのですが、代表的なものがこれら3つなのです。安いのにすぐに泡立てたり、サラサラにしたりすることを重視するためにこのような成分を使ってしまうのです。これを機会に銘柄を見直してみてはいかがでしょうか。葉01

シャンプーは髪を洗う上で必須となり、どのシャンプーを使うかで髪の状態にも大きく関わってきます。シャンプーにはいくつかの種類があり、大きく分けるとシリコン入りシャンプー・ノンシリコンシャンプーに分かれます。一般的なシャンプーのシリコンシャンプーとはその名の通り、成分にシリコンが入っているものです。シリコンが入ることで髪の表面をコーティングすることが可能となり、紫外線や熱等からのダメージを軽減します。ノンシリコンシャンプーにはシリコンは含まれないため、その代わりにオイルが入っていることがあります。オイルにもシリコン同様に表面のコーティング作用があるためダメージからの保護が可能となります。大きな違いとしてはシリコンは毛穴に詰まりやすいことと、シリコンに比べてオイルの方が髪をサラサラにする効果が高いという点です。
しかし共通して存在するデメリットとして、泡立ちを阻害してしまうという点です。水と油は混じらないようにどちらも含まれていると泡立ちにくくなります。それを補うために洗浄力が強くなっているものが多いです。洗浄料が強いとそれだけ必要以上の皮脂を取ってしまったり、頭皮へのストレスを与えてしまいます。そのため、もっともよいシャンプーとしてノンシリコン・ノンオイルシャンプーと言えます。桜02

シャンプーは髪の汚れを取るうえで誰もが行う行為であり、その種類も様々にあります。しかし中には髪へ悪影響を及ぼしやすい成分を含むものも存在し、結果的に頭皮へのストレスや抜け毛・薄毛などにも繋がりかねません。そのためどんなシャンプーが良いのか、その選び方を知っておく必要があります。
知っておきたい点として、どんな成分が含まれているかです。市販のもので多いのが、高級アルコール系と石鹸系のタイプです。高級アルコール系はその成分内に洗浄力の強い界面活性剤が含まれていることが多いです。シャンプーは頭皮の汚れを落とすため洗浄力は欠かせませんが、それが強すぎると皮脂を取りすぎてしまいます。その結果、頭皮へのストレスや炎症に加えて皮脂の過剰分泌が生じて毛穴詰まりを引き起こしかねません。次に石鹸系のタイプは、頭皮への刺激・ストレスは比較的少ないです。しかし育毛を意識していない製品が多く、洗浄力が強すぎるため悪影響を及ぼしやすいです。
おすすめのタイプとして、サロンでも使われているアミノ酸系です。このタイプでは天然成分を主成分とするため、洗浄力はやや弱めですが、頭皮や髪にも低刺激であり、保湿性が高いため乾燥対策にもなります。髪は一生の付き合いとなるため、将来のためにも良いシャンプーを使うことが大切です。桜01

髪はほぼ全ての人間に生えており、薄くなりたくないという方がほとんどです。それを守るにあたり、構造や育ち方を知ることで薄毛の予防にもなります。特徴として外側からキューティクル・コルテックス・メデュラという三層構造になっております。これらの構造を保つには毛母細胞分裂を促す必要があり、それにはしっかりと栄養成分を毛乳頭に届ける必要があります。毛乳頭には頭皮の深層にあり、末梢神経・リンパ管・毛細血管等と連絡して栄養供給を受けています。また毛乳頭細胞は毛母細胞と合わせて成長する必要があります。片方だけでは十分に髪に働きかけることは出来ません。
次に毛根を支える組織として、毛根鞘(内毛根鞘細胞・外毛根鞘細胞)という細胞があり、以上の五つの細胞で髪の毛は作られています。内毛根鞘細胞は内側から毛をグリップし、外毛根鞘細胞は外側から毛根をグリップしています。このバランスが取れることで毛根は抜けにくくなります。また毛根鞘は髪を根元から支えるだけでなく、髪の仕組み全てを司る幹細胞の住まいとしての重要な役割もあります。これらの細胞全てを健康状態に保つには、日々の生活習慣や食生活を見直す必要があります。また体質的に頭皮が硬いかななどは血流不全が生じ、栄養が届きにくいケースもあるため、加えて頭皮マッサージを行うことも大切です。観葉植物04