自分のまつ毛に1本ずつ人工のまつ毛を専用グレーで装着をしていく技術にまつげエクステがあります。1度装着をすると2~3週間は使用することができ、また、皮膚が弱い人でも使用することができることから、現在では多くの人が活用をしています。正しく利用する場合には基礎を知っておく必要があり、それは付け方や外し方などの関しての内容となります。まず、付け方としては自まつ毛の根元から0.5mm~1mm程離して装着するようにします。この場合、自まつ毛そのものに装着をしていくために、まぶたなどの皮膚に接着剤がつくことはありませんが、離す距離はまぶたに当たる危険を避けるための大事なポイントとなります。装着した場合にチクチクするような症状を訴えることもありますが、それは離す距離が短かったり、根元までしっかりまつ毛に沿っていないために浮いてしまっているのが原因として上げることができます。装着するタイミングとしては、まつ毛は毛周期があるために成長に合わせた方法が大切となり、この場合には成長中期から後期の期間が最適な時期となります。外し方は、専用のリムーバーを使用することによって外すことができ、1本ずつ外していきます。この場合自分で外すことは自まつ毛が抜けたり、切れたり、また、亡くなったりとトラブルにつながることもあり、必ずまつげサロンで行う必要があります。そして、サロンによっては、種類やグレー、また装着の方法が異なる場合もあるために事前にカウンセリングやしっかりとした説明を行ってくれるところを選ぶことが大切になります。犬02

一重まぶたは日本人などアジア系特有の目元であり、一重だとメイクしても可愛くならないと諦めている人もいるかもしれません。しかし、一重まぶたはクールな印象のある目元ですし、キリッとした清潔感を与えることができます。そこで一重を活かして二重にはできないメイク術を知っておくと良いでしょう。一口に一重といっても上まぶたの脂肪が少ないタイプと、上まぶたに脂肪が多いタイプの二つがあります。そこでそれぞれのタイプに合わせたメイク方術をチェックしてみましょう。一重まぶただとアイシャドウの選び方や塗り方が分からないという人もいるかもしれませんが、目の形を活かした選び方と塗り方を意識するだけで目元の印象をかなり変えることができます。一重まぶたを魅力的に見せたいという場合、自身の肌色に似合う色を知ることがポイントです。肌色に似合う色を選ぶことにより、アイシャドウで華やかな目元を演出することができるでしょう。また、最適なカラーのアイシャドウを選ぶと馴染みも良いですし、失敗もありません。一重まぶたの魅力はアイシャドウの色によって与える印象を変えられるということであり、自身に似合う色のアイシャドウを探してみると良いでしょう。犬01

一重だと細いアイラインは目立ちません。少し太目に目頭、目尻共にほんの少し長めに書くことがポイントとなります。また、一重とは異なり、奥二重は目尻を少し長めに書くことで目のフレームが目立ち、目力効果もアピールできます。ペンシルタイプよりもジェルはくっきりと発色します。水や涙に濡れても落ちにくいウォータープルーフタイプがおすすめです。黒いアイラインは逆に目が小さく見えてしまうため、柔らかい印象のブラウン系でラインを引いていきます。
一重・奥二重は腫れぼったく見られてしまうため、アイシャドウはグリーン系のマットカラーを使用し、アイホールの部分は暗めのファンデやアイシャドウを乗せることで引き締める効果が高まります。
ビューラーでまつ毛をしっかりと上げていきます。手で触れられる程度にドライヤーでビューラーを温めてから使用するとカールが持続しやすくなります。まつ毛が下がりやすい場合には、その後に冷蔵庫などで冷やしたビューラーでもう一度カールさせると取れにくいカールになります。
ボリュームマスカラやエクステマスカラを使うと印象が変わります。
一重・奥二重でもアイメイクテク次第でぜんぜん違う強い印象のメイクに仕上げられます。ウェディング14

目を大きく見せたいと言うのは、女性なら誰もが一度は望むことでもあります。
特に腫れぼったいなどと言った悩みを抱えている場合だと、メイクがなかなか難しく、諦めがちになってしまうことも多々あります。
しかしアイメイクの工夫次第で、驚く程大きい目に見せるということも可能です。
ちょっとしたコツとしては、アイシャドウの色がポイントになり、自分に合った色を探すことが重要です。
一重の人は赤やオレンジ、ピンクと言った暖色系の色を使用すると、どうしても腫れぼったく見えてしまいます。
そこで青や緑などの寒色系や茶色と言った、自然に見えるような色を重ねていくことで、立体感のある目を作ることが出来ます。
中にはパレットの通りに塗るだけで、綺麗なくっきりとした目を作ることが可能になるアイシャドウもあります。
アイライナーも工夫次第で、綺麗な目を描けますが、あまり濃く描きすぎてしまわないということがポイントです。
濃く描きすぎてしまうと逆に浮いて見えてしまい、腫れぼったくなることもあるので注意が必要です。
またパレットがグラデーションになっているアイシャドウは、初心者でも簡単に塗ることが出来るので、おすすめです。
ベースに薄い色を置き、徐々に色を濃くしていくようなイメージで塗っていくと、綺麗なグラデーションで自然な目を作れます。ウェディング13

顔の印象を大きく左右するのは、アイメイクであると言われています。まぶたが一重や奥二重の人はどうしても腫れぼったい印象を与えがちです。特に、可愛らしいピンクのアイシャドウを使用した場合には、その傾向に拍車がかかると言っても過言ではありません。
しかし、ちょっとした工夫をすることで、腫れぼったくなく、可愛らしいアイメイクをすることが出来るのです。ピンクメイク術の大きなポイントは、ピンクのアイシャドウの使い方にあります。ピンクのアイシャドウを主に使うのではなく、目尻だけのアクセントとして使うようにしましょう。
では、基本のアイメイクはどうすればよいのでしょうか。それは、ブラウンメイクを基本にします。基本のブラウンメイクは、目をパッチリと見せてくれます。そこにほんの少しピンクでアクセントを付けることにより、ブラウンメイクには無い可愛らしさを演出することが出来るのです。
上まぶたに使用する場合には、濃い目のピンクを目尻の上3分の1に目尻側から目の際に向かって塗り、なじませるようにします。一度に塗るのではなく、鏡を確認しながら少しずつ塗るようにすると失敗なく塗ることが出来ます。一重の人はチップで、奥二重の人はブラシを使用することをおすすめします。ウェディング12

一重まぶたの人は、目が小さく見えることに悩みがちで、メイクの方法も試行錯誤することが多いです。
しかし一重向けにアイメイクを工夫することで、驚く程デカ目に見せることも可能です。
アイラインは二重の人は普通細く引くのが一般的ですが、一重の人は普通より太めに引くことで、目が大きく見えます。
また目尻や目頭に沿って、ちょっと長めに引くというのもコツでもあります。
目を閉じた状態でアイメイクをし、目を開くとアイメイクが隠れてしまうというのも、一重の人の悩みのひとつです。
そこでアイラインを太めに引くことで、目を開いてもラインがきちんと見えるという状態になることで、目がぱっちりして見えます。
またアイシャドウも工夫ひとつで、ぐっと印象を変えることが出来、デカ目に見せることが出来ます。
色選びもポイントのひとつで、赤系の暖色を使うとまぶたが腫れぼったく見えてしまうので、寒色系や茶色系を使用するのがおすすめです。
特に茶色系はアイラインとよくなじみ、自然な仕上がりにすることが出来るので、ナチュラルメイクなのに目がぱっちりというテクニックで見せることが出来ます。
アイメイクは工夫次第で驚く程印象が変わるので、自分の顔に合ったものを使用するだけで、目をぱっちりさせることが可能です。ウェディング11

目の印象を決めるのはアイライナーを使ったメイクです。目力をアップさせ、目のメイクをすることで印象を変えていくことができるのです。また、眉毛も顔の印象には重要なパーツなため整えたり描いたりして印象を変えていけます。
ポイントとしてはまゆは、専用のはさみで薄めにカットしていき、明るいアイブローなどを使って髪の毛よりもワントーン明るくすることによって顔が明るく見え、あか抜けた印象になります。
アイラインのコツとしては、鏡を見下ろすようにすることで、目線を下向きにしながら描くことによってキワの隙間を埋めやすくなり失敗を減らすことができます。リキッドタイプとペンシルタイプのものがありますが、初心者が使いやすいのはペンシルタイプになります。慣れてきたならペンシルタイプで下書きをしてから、リキッドタイプを本番に使うことでがたつきが無いくっきりとしたラインを描くことができます。また、一気に描こうとせずにまつ毛の間を埋めるように細かく線を描いていくことが大切です。下まつ毛はさっと描くことで上品な印象を与えることができます。
にじんだときには綿棒にリムーバーや化粧水、乳液などを染み込ませて拭き取ることができるため焦らずに行うことが大切です。ウェディング10

水や皮脂に強く、描きやすい製品にジェルライナーがあります。特徴として、ペンシルのように少しづつ引くことができ、また滲みにくくメイク持ちが良いことから人気を集めています。使い方は、先にアイシャドウやマスカラまでのアイメイクを行っておきます。一度にラインを引くのが難しい場合には、黒のペンシルアイライナーで薄くラインを引くことも簡単に行える方法となり、ガイドラインとして利用することができます。使用する場合には、まず、一度手の上で馴染ませて行うようにし、それは筆にとっていきなり書いてしまうと、よれやすい場合があり、まっすぐなラインが引けないためにに行います。次にまつ毛の生え際に沿ってラインを引いてきますが、この場合にはまつ毛の生え際を意識して、ゆっくりとラインを引くようにします。もし、一気に上手く引けない場合には、スタンプを押すように付け、麺棒でラインをぼかすと自然な感じで仕上ることができます。この場合、ラインが乾いてから重ねるとポロポロ落ちてしまうので注意が必要となります。目尻に関しては好みのラインで行い、自然に見せたい場合には少し麺棒でぼかし、また、猫目メイクなどにする場合には少し長めに残すようにします。黒目を強調したい場合にはもう一度筆に取り、上まぶたの粘膜の中を、まつ毛とまつ毛の間を埋めるような感じで塗りつぶすことによって行うことができ、その場合には麺棒で少しづつつけて埋めていくと上手く仕上ることができます。ウェディング09

リキッドアイライナーは、シャープなアイラインを作るときや、目尻を長めに引いて目幅を強調したいときに便利です。ただし一度描くとぼかしなどの訂正ができないので、丁寧に引くのがポイントです。使い方は、まず筆の先を整えます。次に目のキワの中心から目尻まで、水平に細く引きます。そして目尻の線の終わりと、実際の目のキワの間にできた隙間を埋めます。目尻に向かって薄く引くと、ナチュラルに仕上がります。そして筆を再度細く整えて、目のキワの中心から目頭まで次第に細くなるように引きます。よりナチュラルな目元を作りたい場合は、綿棒で軽くぼかすとアイシャドウと馴染みます。リキッドタイプの最大の特徴は跳ね上げラインですが、強調しすぎると目元がキツくなるので注意します。一重の人は、太くラインを引くと目が大きく見えます。奥二重の人は、まぶたで隠れやすい目尻を太めのアイラインで、強調します。目尻は実際よりも太長く描くと、横長で丸みのある目元になります。初心者は使い方に慣れていないので、筆先が適度に固く、使い続けても先が割れにくいものが良いです。また太さを自由に変えられたり、色素沈着を起こさなかったりする商品を選びます。ウェディング08

囲み目というとどうしてもギャルっぽくなったり派手になりすぎたりケバい印象でオフィスにはあまり向いていないイメージではないでしょうか。しかし、やり方を変えれば出来る女風の大人メイクにもなるのです。従来のようにがっつり黒く囲み、目からはみ出すようなアイメイクではなく、しっかりとぼかして自然にみせることが大切です。下のアイラインを入れたい場合はペンシルライナーを使用すると良いでしょう。下まつげのあいだを丁寧に埋めていきます。このとき目頭までいれずに、目尻から三分の一程度までにしましょう。そしてアイシャドウを使ってアイラインを引いたところをしっかりとぼかしてなじませます。目頭のラインを入れたい場合は粘膜の部分に引き黒目の部分までにするとアーモンド型の綺麗な目元をつくることができます。アイラインを使わなくてもアイシャドウの一番濃い色を使って目尻三分の一までいれると柔らかさも出て親しみやすさを強調することができます。会社ではあまりキツいイメージはよくありません。人は見た目ではないと言いますが社会に出れば見た目の清潔感や第一印象も大切になってきますので派手なメイクではなく大人のメイクを心がけることが大切です。ウェディング07