脂肪は、動物性、植物性、魚の油分の大きく3つに分類されます。動物性脂肪(飽和脂肪酸)はバaf0060019988mターやラードなどで、これは摂りすぎに注意が必要です。植物性脂肪(不飽和脂肪酸)はさらに、次の3つに分類されています。
①オメガ3脂肪酸(アマニ油、紫蘇油、ココナッツオイルなど。)
②オメガ6脂肪酸(コーン油、なたね油、ひまわり油など。)
③オメガ9脂肪酸(オリーブ油、キャノーラ油など。)
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、私たちの体をつくるために重要な要素なのですが、体内で合成できないため食物から摂取するしかありません。この脂肪の理想的な摂取比率は、「オメガ3:オメガ6」=「1:4」といわれていますが、現代の食生活ではオメガ6脂肪酸が過剰に摂取されている状態です。近年患者が増加している、アトピーや花粉症などは、オメガ6脂肪酸の過剰摂取が関係しているといわれています。これに反して、オメガ3脂肪酸の効能として、アトピーの抑制や、うつ・認知症予防、がん予防などがあげられています。特に今注目されているのが、オメガ3脂肪酸に分類されるココナッツオイルです。ココナッツオイルは、食用にしても良し、スキンケアに使用しても良しの万能油といわれています。

コレステロール値を下げ、メタボリックシンドロームや脳梗塞、動脈硬化などのような成人病を予防する効果、アンチエイジング効果があることから注目されているのがオメガ3脂肪酸です。亜麻仁油やしそ油、エゴマ油などの人気が高まってきていますが、アーモンドにも含まれています。アーモンドに含まれているオレイン酸は、成人病予防の他にも細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があるビタミンEも豊富に含まれています。老化の原因は活性酸素による細胞の酸化が大きく関係しているとされています。アーモンドに豊富に含まれている栄養成分は、お肌のたるみ、シワの原因になってしまう糖化を防ぎ紫外線などからお肌を守ってくれまaf0060019972lす。美容にもよいと注目されています。ミネラル成分としてはカルシウムや鉄、リンやカリウム、マグネシウム、亜鉛なども含まれています。これらの成分は貧血を予防したり女性ホルモンの働きを整える作用がありますので自律神経を安定させてくれます。また、アーモンドには豊富な食物繊維が含まれ、不溶性食物繊維の働きによって腸内環境を整えて便秘の改善やデトックス効果が期待されています。ローストアーモンドは、そのまま食べてもよいですしサラダにかけたりしても美味しくておすすめです。

オメガ3脂肪酸を効率よく摂取するためには、食事が重要です。EPAやDHAをたっぷり撮りたい場合には、青魚を中心としたメニューを心がけることになります。イワシや鯖、シャケ、マグロなどを意識的に食べるようにします。調理する際も効率よく摂取するためになるべく魚油の流出を抑える工夫をします。煮魚の場合は、調理する際に水を少なめにしたり、味付けを薄塩にして汁まですべて飲めるようにします。焼き魚の場合は、そのまま焼くのではなく、魚の表面を小麦粉などをまぶしてから焼くほうが油を多く残すことができます。ただし、ショートニング入りのパン粉は避けるようにします。
また、エゴマ油や亜麻仁油もオメガ3脂肪酸を多く含んでいます。エゴマから採れるエゴマ油は、特別な強い味や匂いがあるわけではないため、調理の際に利用することができます。青魚が苦手な人でも食べやすい食材です。調理の油として以外にもドレッシングを作る際に使うことで効率よく摂取することができます。
ほかにも、くるみなどのナッツ類にも含まれています。青魚以外のオメガ3脂肪酸を含む食品を一緒に摂取することによって1日に摂取することが推奨されている量を補うことができます。a0002_005125

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一つでアルファリノレン酸やEPA、DHAなどの総称です。
アルファリノレン酸は体に入るとEPAからDHAへと変化します。
オメガ3脂肪酸は血中の中性脂肪やコレステロールを減少させてくれる働きがあり、血液をサラサラにして血流を良くするため代謝をアップさせる効果があり体内の脂肪を燃焼させエネルギーに変えて排出することができるのでダイエット効果があるとされています。
オイルなのでカロリーが高くダイエットには向いていないように思えますが、優先して消費されやすいので取りすぎても体に蓄積しにくく体内の脂肪を燃焼しやするため、普段のオイルに変えて摂取すると太る原因となる飽和脂肪酸の摂取を控えることができ痩せやすい体質に変えることができます。
オメガ3脂肪酸は体内では生成できないため、積極的に食事からとる必要があり青魚やエゴマ油、アマニ油、クルミなどから摂取することができます。
オメガ3脂肪酸は酸化しやすく、酸化すると中性脂肪を減少させる効果が低下し加熱調理すると減少してしまうため熱を加えずに使用するほうが効果が得られるので、サラダなどのドレッシングなど食べる直前に利用するのが一般的です。a0002_005111

オメガ3脂肪酸とは、不飽和脂肪酸のの分類の一つであり、いわしや鯖、まぐろなどの青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)のことを指します。

DHAは、脳や神経組織を正常に維持するのに大切な成分で、DHAを摂取すると脳が活性化され記憶などの伝達処理能力が高くなります。

EPAは、血液の流れを良くする効果があるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病などの病気予防に効果的です。

DPAは、EPAと似たような働きをしますが、血管にできた傷の修復作用はEPAよりも優れていて、悪玉コレステロールが血管の内側に付着して動脈硬化になるのを防ぐと言われています。

それ以外にも、オメガ3脂肪酸は精神状態を安定させる働きもするのでうつ病や認知症などの老化防止にも効果があるとされています。
また、もともと魚油というのは体脂肪を抑える働きと代謝をアップさせる働きもあるのでダイエットにも非常に効果的で、肌に潤いやハリを与えてくれるので美肌効果も期待できます。

そして、腸内環境も良くする効果もあることから肌荒れの原因となる便秘の解消にも役立ち、まさに美容や健康を維持するのに非常に効果のある成分といっても良いでしょう。a0002_002041

オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにして、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防するために必要です。効果は経験的に分かっていたものですが、最近の研究によって詳細な解明が進みました。日本人は魚が大好きなために、昔であれば不足する心配も少ないものでした。ところが最近では、食の欧米化の影響で高脂肪で高タンパクな肉類を食べて肥満の症状を悪化させる原因となっています。

オメガ3脂肪酸のDHAやEPAは青魚の油に多く含まれていますが、肉の脂肪分とは性質が全く違います。動物性の脂肪は冷たくなると固まりますが、DHAなどの不飽和脂肪酸はサラサラのままです。冷たくても固まらないおかげで、極めて良質な油であることが分かります。サンマやイワシなどの青魚は、カロリーを過度に気にしないで食べたほうがオメガ3脂肪酸の摂取量が大幅に増えます。

オメガ3脂肪酸の情報で注目されることには、植物の紫蘇やエゴマにも含まれることが分かった事実があります。エゴマ油の人気は急上昇し、魚嫌いの人を救う商品となりました。実際には魚も食べたほうが理想ですが、骨が多いなどの理由で苦手な場合もあります。エゴマ油であれば摂取が簡単で、生臭みも全くないのが利点でもあります。a0002_002040

体内の必須の栄養素である脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類に分けられます。不飽和脂肪酸はその構造から、オメガ3とオメガ6・オメガ9の3種類に分類されます。この中でもオメガ3脂肪酸は最近話題の美容成分で、女性に高い支持を受けています。この脂肪酸は人間の体内で生成することは不可能で、食品から摂取する必要があります。オメガ3脂肪酸を多く含む食品として有名なのが、亜麻仁油やエゴマ油などのa-リノレン酸です。また魚の油に多く含まれるDHAやEPAもその1種です。DHAやEPAはa-リノレン酸を元に体内で合成されますが、不足することで体内に様々な不調をきたします。オメガ3脂肪酸が不足すると脳や神経や皮膚などに様々な異常が現れることも十分に考えられるので、積極的に食品から摂取することが望ましいとされています。オメガ3は特徴として、酸化のスピードが非常に速いという性質を持っています。酸化した油を摂取することは体内に様々な悪影響を及ぼす可能性が高いとされています。このことからオメガ3脂肪酸が含まれた食品を摂取する際は、出来るだけ早めに使い切ることでより体内に吸収されやすくなるといえます。オメガ3を含む食品には油の他にも、サバやサンマなどの青魚やくるみなどにも豊富に含まれています。a0002_002034

体重や健康が気になるからと言って安易に油を抜いてしまっていませんか。実は油には人間が生きていくために重要な栄養素が入っていて、必要以上に取らないようにしてしまうとかえって老化を招いてしまうという研究結果がでています。

健康にいい油にはオメガ3脂肪酸があります。オメガ3脂肪酸には青魚の脂肪分に多く含まれる海洋由来のDHAやEPA、くるみに入っている植物性の植物由来のαリノレン酸(ALA)など種類がありますのでどちらかだけではなく両方に目を向けて積極的に摂取することが大切です。

効能としては血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれていて、動脈硬化・心筋梗塞癌などの慢性疾患の予防、血流を改善し脳や神経に対する効果があるため、脳の活性化による記憶力のアップや認知症予防も期待できます。
ある研究では年齢70歳前後のお年寄り約100人を対象して、オメガ3脂肪酸を含む食事をするグループとオメガ3脂肪酸を含まない食事をするグループとで半年に1回認知機能や記憶力のテストを実施したところ、オメガ3脂肪酸を摂取していたグループのほうがスコアが高くなったと報告データがあります。また、アトピー性皮膚炎などアレルギー症状の緩和やイライラ予防の効果もあります。

重要な栄養素であるオメガ3脂肪酸をふくんだ油は、若さをたもち健康的にすごしていくのに役だってくれるので上手に生活に取り入れていきたいですね。a0002_002031

オメガ3脂肪酸はα-リノレン酸とも呼ばれていて、体内では合成できない必須脂肪酸なので、食物から摂取するしかありません。
亜麻種子などの植物油や魚油に多く含まれていますが、食生活は欧米化により、不足気味の人が増えています。
体内に入ると、DHAやEPAと呼ばれる成分に変換され、高い美容効果を与えられます。
ニキビや赤みなどの肌トラブルを改善できる抗炎症作用があり、肌のターンオーバーを促進させる働きもあるので、綺麗な肌に生まれ変わりをサポートできます。
またオメガ3脂肪酸には、女性ホルモンのバランスを整える効果があるので、アンチエイジングには非常に役立ちます。
女性ホルモンが活性化すると、コラーゲンやヒアルロン酸の生成も増えるので、シワやたるみが起きにくくなり、細胞の老化を防いで、若々しい肌を保てます。
血行を良くする働きもあるので、体全体の血の巡りが良くなり、肌のくすみを改善し、血色の良い肌に導けます。
オメガ3脂肪酸には美肌効果だけでなく、ダイエット効果もあります。
体の代謝を促進させられるため、血中の中性脂肪や、悪玉コレステロールを増やさないように調整したり、老廃物を排出しやすくし、脂肪をためにくくすることが出来ます。
オメガ3脂肪酸の美容効果は非常に高いので、食物だけで摂りにくいときはサプリを利用しましょう。 a0002_001999

アンチエイジングや美容、健康によいことからオメガ3脂肪酸が注目されています。不飽和脂肪酸オメガ3脂肪酸と呼ばれている成分は、細胞が正しく機能するために必要だとされています。イワシやサバなどのような青魚に豊富に含まれていることで有名で、その他にもクルミ、緑黄色野菜、豆類などにも含まれています。食材を利用して摂取することが難しい、魚類は苦手だという方もいらっしゃるかと思いますが、もっと簡単に摂取することができるのが亜麻仁油やエゴマ油です。加熱してしまうと効果がa0001_008109薄れてしまいますので、ドレッシングに入れたり野菜にかけたりなどして摂取することがおすすめされています。中性脂肪を下げたり、LDLコレステロールを下げる働きがあります。そのため、動脈硬化や高血圧、脳梗塞、メタボリックシンドロームなどを予防する効果が期待されています。オメガ3脂肪酸にはお肌の新陳代謝を促進する働きがありますので美容効果や肌荒れを改善させてくれます。また、抗炎症作用によってニキビや吹き出物などの炎症を改善させてくれる効果もあります。女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きがありますので、アンチエイジングにご興味がある方におすすめです。